コロナの微熱、食欲がない、喉に痰が張り付いて違和感ある女性、鍼2回でほぼ治った例

この記事は約5分で読めます。

こんにちは、李哲です。
コロナ関連症例を書きました。

発熱、喉の痛み・違和感、食欲が全くない、咳と痰が多い…など、コロナの諸症状で困っている方、鍼治療が効果抜群である事を知ってもらえると嬉しいです。

微熱が続く、食欲不振、倦怠感、喉が辛い女性

2022-9-22
40歳の女性。
微熱・喉の違和感などで治療に来ました。

病気の経過は以下の通り。
2022-9-18に発熱、翌日の9-19には高熱を出した。麻黄湯まおうとうなど飲んで高熱が下がったけど、微熱が続いている。そして全く食欲がない、食べても胃が辛くてあまり入らない、倦怠感がひどくて元気が出ない、咳はたまに出る。1番辛いのは喉に痰が張り付いて、うまく話せない、呼吸するのも辛い

私と話するとき、彼女は何度も咳払いして喉の痰を取ろうとしていました。しかし、痰は出てこないのです。

彼女の状況を聞いている時、私はコロナだと思いました。一般的な風邪・インフルエンザだったら、麻黄湯まおうとう一発で治るはず。こんなにしっぽが残りません。

鍼1回で微熱と倦怠感が治り、喉も7割くらい改善

鍼をしたのは以下の通りです。
1番最初は外関を刺して、瀉法を行いました。その後は足のツボが刺し終わった頃には、外関に刺した鍼を取る計画。

足に刺したのは太衝、足三里、照海、公孫(全部瀉法)。刺し終わった時、彼女に状況を聞いたら、彼女が言うのは「微熱はもうなくなりました。喉も楽になり始めました」

喉はまだ残りがあるので、次のツボに鍼をしました。
天突、中府、尺沢。

彼女が言うのは「息を吸うのがすごい楽です。喉は更に楽になって、話がめちゃくちゃ楽です」

20分後、すべての鍼をとりました。
彼女が言うのは「喉の違和感、痰が張り付いて話しにくいのはまだあるけど、来たときよりは全然良いです。70%消えた感じ」

まだしっぽが残っているので、もう一度鍼をすることにしました。同時に飲み始めた漢方薬は半夏厚朴湯はんげこうぼくとう

半夏厚朴湯はんげこうぼくとうは喉周辺の不調を治すことで有名です。たとえば甲状腺疾患にも処方されます。以下はスタンダード大学の博士、李宗恩先生1の症例、参考になると幸いです。

食欲が戻ってきて、喉もだいぶ良い感じ

2日後の2022-9-24。
彼女が言うのは「鍼をする前は食欲ゼロだったけど、3割戻った感じです。喉の違和感はまだ少しあります

今日鍼をしたのは足三里、豊隆、太衝、照海、列缺、内関、尺沢、天突、中脘。刺し終わった時に喉の様子を聞いたら、今のところはつまりも痰もないそうです。

鍼治療が終わってお茶を飲む時、彼女は話しました。
「すごいお腹が空いてきたのが分かります。喉もだいぶ良い感じ」

倦怠感、微熱、咳もないし、喉に痰が張り付いた感じだけなので、半夏厚朴湯はんげこうぼくとうを飲み続けて様子見。「来週になっても治らなかったら、もう一度来てください」と彼女に教えました。とりあえず治療はこの2回で終わり。

発熱、倦怠感、喉の痛みなどの症状だったら、鍼治療は本当に早いです。今までたくさんの症例で検証しました。以下は一つの鍼治療例。2年前の症例ですが、今考えるとコロナの可能性大ですね。どちにしろ、鍼は全部治せる。

笑い話:足三里と胃腸の音

1回目の鍼を刺す時、笑っちゃう事がありました。

足三里、公孫に鍼をして1分も経たない時、お腹がギューギューとすごい鳴っていたのです。

おそらく4日もちゃんと食べられなくて、眠っていた胃腸が覚醒したでしょう。また、足に鍼をすることで倦怠感が一掃されて、元気が出てきました。

漢方薬を飲み始めてから、子供が風邪を引かなくなった

彼女から面白い経験話を聞いたので、皆さんにも紹介しようと思います。

彼女が言うのは「子供に風邪の症状が出たとき漢方薬飲ませたら、風邪をあまり引かなくなりましたね。以前は病院の解熱剤を飲ませても1週間続いたのに、今は漢方薬飲むと翌日には熱が下がって、2日目にはゲロっと治ります。子供一人目の時は何も知らず、何でも病院のいいなりになったけど、今は漢方薬で治療し、病院も行かなくなりました」

私は彼女に説明しました。
葛根湯、麻黄湯まおうとうなどは中医学でいう”邪気じゃき”を追い出す同時に、免疫力の基盤となっている胃腸を強化します。甘草、生姜、ナツメなどが胃腸を強化する生薬です。だから飲めば飲むほど基盤が強化されて体が強くなり、風邪を引かなくなります」

自然な漢方薬と化学合成された病院の薬、その違いが分かったでしょうか?

彼女みたいに子供を漢方薬で治す親が増えたら、子供・大人の病人が大幅に減ってきます。その時の世の中はどれだけ楽でしょう。

漢方薬で風邪を治すのは難しくありません。一部、様々な症状が混ざって判断しにくい以外、ほとんど説明書を読めば分かります。過去記事で詳しく説明しているので、参考にして下さい。

どうしても分からない方は、鍼治療に来てください。
麻黄湯の症状であろうと葛根湯の症状であろうと、みんなツボで治せます。

2022-09-30追記:
「治らなかったら、来週また来てください」と伝えましたが、1週間経っても彼女からは連絡がないので治ったと思います。ほかにもコロナ関連の治療例があるので、完成次第に公開します。

(おわり)

  1. 李宗恩博士はアメリカ・カリフォルニアの著名な中医師。数々の難病・がん治療で高い臨床効果を出して、中医学の普及のために記事を書か続けて、研修医たちも育てている素晴らしい先生です。李宗恩博士の診療所情報は、以下の記事で説明しているので、どうぞご参考にして下さい。オススメの漢方医・鍼灸医(海外)

コメント