胃腸風邪の腹痛、下痢を鍼1回で治した例

この記事は約2分で読めます。

こんにちは。李哲です。

今日は私の鍼治療例。

一人の女性。ずっと通っている方で、主に膝と腰を強化するために治療していました。

ある日、ガンガン冷えている所で外食をして戻ったら、胃腸風邪になってお腹を壊したのです。

下痢まではいかないけど、軟便ぎみで1日4~5回行く。

そして食欲が全然なくて、ヘソの上、胃のあたりが痛い。

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180822/20180822152801.jpg?resize=500%2C358&ssl=1

胃腸風邪の腹痛、下痢は鍼1回で治った

今回は胃腸のツボを少し多めにしました。

中脘、上脘、下脘、公孫、内関など。

針を取る時、彼女が言うのは「鍼を置いている間、胃腸がグルグルなり始めて、終わるゴロにはお腹が空いてきた」

施術後お茶を飲む時、彼女は友だちの話をしました。

「友だちはヒザ痛で近所の鍼灸院に通っているけど、ヒザ痛だけでほかの主訴は治療しないそうです。

ここみたいに何でも治してくれない。

自分は幸運だと思います。

友だちも羨ましいと言ってました。」

私は聞いて嬉しかったけど、ちょっと恥ずかしかったです。普通に針をしているだけですけど。

ニハイシャ先生の鍼灸を習った人は、みんなできるはず。特に胃痛・下痢とかは治りがとても早いです。

私は彼女に説明しました。

「中医学の漢方と鍼灸にとって、内科外科などの区分がないです。

中医学が診ているのは、一つだけ。健康科のみ。

これは以前の記事でも討論しました。

後日、彼女が来て話しました。

「前回の針をしたあと、胃はもう大丈夫。普通に食べられるようになった。便通も大丈夫。」

1回で治ったのは、幸いのことでした。

ただし、誰でも1回で治るとは保証できません。個人差があるのでご了承ください。

コメント

  1. li-hari より:

    id:MT6538
    M(エム)さん
    ブコメありがとうございます。
    不思議だと思われがちですが、ツボに針をするとつらい自覚症状がなくなるのは、確かなことです。
    現代のテクノロジーが経絡・気を解釈できないのは、残念なことです。
    テレビみたいに映れば、みんな中医学を信じるかも知れません。