風邪の鼻詰まりを一瞬で解消した鍼灸症例

この記事は約2分で読めます。

風邪からくる鼻つまりを一瞬で解消。

アラビアンナイトのような話ですが、鍼治療ではよく見られる現象。

ツボに鍼を刺した瞬間に鼻つまりが解消した以下の治療例を見て下さい。

 


 

こんにちは。李哲です。

今日は学校で起きたことを書きます。

 

針実技の授業で、みんなと練習しながら世間話をしてました。そしたら、クラスの男の子が風邪を引いて、鼻詰まりがすごかったです。「両鼻が詰まって、口で呼吸するしかなくて辛い!」と、彼は言ってました。

 

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180408/20180408120124.jpg?w=1186&ssl=1
【▲イメージ図】

 

「痛みが我慢できるんであれば、1本刺してあげるよ」と私が話したら、すぐ「OK!」の返事をもらいました。「鼻さえ通れば何でもやる!」の勢い。

 

私は手持ちの鍼で鼻隣5分の迎香穴から、目の内下方の内迎香穴まで入れました。つまり、一本の針で2つのツボを穿く。刺して5秒も経たないうちに、「あ!鼻水が消えた、鼻が通っている!」と彼は喜んでました。

 


 

鍼灸の道ではまだ未熟者ですが、この時は役に立って良かったと思いました。

迎香穴を知っている鍼灸師は誰でもできるので、不思議な顔をする必要がありません。

この迎香穴は副鼻腔炎.鼻炎.鼻膿漏.副鼻腔腫瘍.鼻ポリープ.嗅覚がない…鼻に関する病気であれば、何でも効果があります。

 

西洋薬は飲んでから吸収して、血液循環に流れるまで時間かかるでしょう?

鍼灸は刺した瞬間から症状が消えます。3秒もかかりません。

 

鍼灸は素晴らしい効果があるけど、なんでも1回で治るわけではありません。慢性的な長年の病気には時間がかかるので、持久戦が必要です。

 

日本にも腕が良い鍼灸師がたくさんいるので、ぜひ探してみて下さい。

 

今回のは大した事がない治療話ですが、学校での実例があったので記事にしました。参考になると幸いです。

 

コメント