顔の赤く腫れてかゆいのは4ヶ月で治り、ついでに不妊症も治って妊娠した女性

この記事は約6分で読めます。

こんにちは、李哲です。

スタンフォード大学の博士、李宗恩先生1の漢方薬治療例、臉部嚴重紅腫多年(疑似紅斑性狼瘡) – 當張仲景遇上史丹佛(06/30/2013 発表)を翻訳しました。顔がかぶれて赤く腫れ上がった女性、全身性エリテマトーデスの紅斑だと診断された女性には参考になると思います。漢方薬と鍼で治るのでぜひ試してください。

車事故後、顔が赤く腫れて痒くてたまらない女性

初診は2013/2/19。
患者さんは30代の女性、中国人。
顔が赤く腫れたのは数年前からです。見た感じでは、全身性エリテマトーデスの蝶形紅斑に似ています。そして、彼女からもう一つ希望がありました。できれば不妊症も治したい。

李哲の説明:
不妊治療のために、病院の人工授精を受ける方が多いですが、ほかの漢方医の話を聞いて下さい。人工授精が成功するのには条件があります。以下の記事を読んでからもう一度決めたほうが良いです。

人工授精で妊娠しない原因:卵子と精子の質をあげないで、ただくっつけるだけでは必ず失敗する!

患者の主訴:
◯7~8年前、車事故があってから後頭部が痛くなりはじめ、ほぼ同じ時期に顔が赤く腫れて痒くなった、特に夜がかゆい。顔を掻きまくって、汁が出始めたのは4~5年前から。
◯手指の間は脱皮、発疹がある。
◯去年の冬から夜中3~4時に起きてトイレに行く。
悪夢が多くて、朝7~8時はよく悪夢に驚かされて目が覚める。

▼李哲の説明:
悪夢でひどい患者の治療例は、もう一つあります。以下の漢方薬症例、参考になると幸いです。

毎日悪夢にうなされて暴れるご主人、炙甘草湯をアレンジした漢方を飲んだ当日から、グッスリ眠れるようになった。

以下は問診表です。

●寒熱:足が冷たくて身体も寒がり。熱いのが苦手。

●汗:汗が出にくい、寝汗はかかない。

●睡眠:夜12時に寝る。以前は途中覚醒がなかったけど、今は3~4時に目が覚める確率が50%もある。朝は7~8時に起きて、寝起きは非常に疲れる。

●食欲:良すぎるくらい、特に不調はない。

●便通:正常。

●尿:頻尿で約1時間に1回、尿の色は透明。

●口渇:喉は渇かない、熱い水が飲みたがる。冷たい水を飲むと体調不良になる。

●生理:周期は不規則で、2~3日遅れる。生理の出血は5~7日、量が多い、色は赤、血の塊がある。生理前症候群はない。

脈診:左右の脈は、ほぼ同じで少し弱い。心臓の脈が弱いけど、結代脈がない。尺脈も長過ぎない。
舌診:舌苔は少し白で厚い、水様の舌、歯車のあとはない。
眼診:左の腎臓の反応が悪いけど、右は正常。左肝臓の地域には穴があり。

ツボの検査:
胆石症のツボ、三陰交とも正常。

処方箋:当帰飲子とうきいんし+防風+蝉退+ヨクイニン+杏仁+柴胡+荆芥。
鍼灸のツボ:血海 三陰交 曲池 合谷 築賓 内廷 委中(刺絡)

赤く腫れてかゆい顔は、だいぶ良い感じ

2013/2/25
主訴:赤く腫れてかゆい顔は、だいぶ良い感じ、右顔はまだ痕がある。漢方薬を飲んだあとは感覚がとても良い。漢方薬を飲む2日前は、心臓のドキドキが強かった。

李哲の説明:

心臓のドキドキが治らない時は、漢方薬もしくは鍼治療が必要です。ほったらかしてはいけません。漢方薬、鍼治療なら簡単に治せますから。以下は一つの症例、参考になると幸いです。

動悸、心臓が痛いおばあちゃん、鍼4回で治った例

寒熱:手が冷たい。
口渇:喉は渇かない。
睡眠:夜中の3~4時には起きないけど、悪夢はまだ見る。
尿:まだ頻尿。

脈診:緩、弱、沈ではない。
舌診:水様のベロ、舌はまだ太って大きい。

処方箋:前回と同じ。
当帰飲子とうきいんし+防風+蝉退+ヨクイニン+杏仁+柴胡+荆芥。
鍼灸のツボ:血海、曲池、三陰交、合谷、築賓、内廷。委中では刺絡。

李哲の説明:
顔の皮膚のトラブルを解決する時、鍼だけでも功を奏するときがあります。以下は一つの鍼治療例、参考になると幸いです。

顔がかぶれる女性、数回の鍼治療で治った。顔のかぶれは、合わない化粧品が原因

2013/3/4
患者の報告:
顔の赤く腫れて痒いのは再発したけど、以前より軽い。食後、顔がもっと赤くなる。

寒熱:手足は冷たい。
口渇:喉は渇かない。
睡眠:良好、悪夢は見なくなった。

脈診:尺脈は弱。脈が細小、緩、浅い。
舌診:舌苔は白で分厚い、舌はまだ太って大きい。

処方箋:当帰 桂枝 白芍 細辛 木通 なつめ 炙甘草 川芎 生地黃 白蒺藜 防風 荊芥 黃耆 生姜 蟬蛻 蛇蛻 ヨクイン 杏仁 柴胡 郁金 黃芩

鍼灸のツボ:前回と同様。

病状は進歩して、顔の赤みが減り、発疹が出っ張らなくなった

2013/3/11
患者の報告:
病状は進歩して、顔の赤みが減り、発疹が出っ張らなくなった。でも、まだとても乾燥している。

寒熱:手は前より暖かくなった。
便通:正常。
食欲:良好。
生理:今週生理が来るかも。

脈診:緩、少し弱い、尺脈が沈。
舌診:舌苔の白、分厚いのは改善されたけど、舌が太って湿気があるのは変わらない。

処方箋:既製品の白虎加人参湯びゃっこかにんじんとう+生地黄+蝉退+ヨクイニン+杏仁+葛根+荆芥+炙甘草。
鍼灸のツボ:前回と同様。

李哲の説明:
白虎加人参湯は顔が赤い症状を治すだけではありません。赤ちゃんの高熱を治すときも効果バツグンです。以下は私の次女を治した例、参考になると幸いです。

1歳児の高熱、「白虎加人参湯」5mlで下がった例

赤く腫れて痒いのは完全に治り、妊娠もした

2013/3/18
患者の報告:
顔の皮膚はだいぶ良くなった。

初日は動悸が数秒間あって、数日前は皮膚がもっと赤くなったけど、脱皮したあとは良くなった。左側の皮膚が特に進歩した感じ。

寒熱:手は暖かくなったけど、足はまだ冷たい。
口渇:水が飲みたくなった。

脈診:平、弱い、無力。強く押すと無力。

舌診:舌苔は薄い白。
眼診:肝臓と腎臓の地域はまだ損傷が見られる。

処方箋:既製品の白虎湯びゃっことう当帰四逆湯とうきしぎゃくとう+ヨクイニン+杏仁+黄耆。
鍼灸のツボ:合谷、曲池、内廷、三陰交、血海、陰陵泉。

2013/6/14
患者の報告:
顔が赤く腫れたのは完全に治り、今は妊娠中。

李哲の解釈と感想

「当帰飲子」は日本では既製品があります。皮膚のかゆみ、赤みに対して効果があると言われています。同じ症状を抱えている方は、試すのもありだと思います。

皮膚病に悩まされ、さらに不妊症も治したい。病院に行くと、少なくとも皮膚科医院+不妊専門病院が必要ですが、中医学では1人の先生が同時に治せます。

五臓六腑の不調で、様々な自覚症状(病気)が出ます。

根本的な原因:五臓六腑のバランスを整えれば、自然にいろんな症状(病気)が治る。だから、陰陽五行論に基づいた中医学は、同時に様々な症状(病気)を治せるのです。

過去記事でも説明したので、興味がある方はどうぞご覧ください。

皮膚病、不妊症は比較的に治しやすいです。

上記の症例には、鍼灸のツボも書いているので、鍼灸師の参考になると思います。私も臨床でよく使いますが、効果バツグンだと言っても過言ではないです。たとえば、頑固な蕁麻疹(じんましん)。鍼治療で蕁麻疹が出る範囲は徐々に狭くなり、最後には出なくなりました。

不妊症の鍼治療例は、まだ書くほどのものはありません。何人か不妊治療が目的で来たけど、1回目の鍼の響きに衝撃を受けて、止めた人ばかりでした。今後もし症例があったら紹介します。

以前の翻訳文では、不妊症を治すために生理を整える必要があると書きました。関連の説明は参考になるので、よかったら目を通してください。

(おわり)

  1. 李宗恩博士はアメリカ・カリフォルニアの著名な中医師。数々の難病・がん治療で高い臨床効果を出して、中医学の普及のために記事を書か続けて、研修医たちも育てている素晴らしい先生です。李宗恩博士の診療所情報は、以下の記事で説明しているので、どうぞご参考にして下さい。オススメの漢方医・鍼灸医(海外)

    ↩︎

コメント