牡蠣あたりの気持ち悪い・食欲不振が鍼1回で治り、お腹が空いてきた例

この記事は約2分で読めます。

こんにちは、李哲です。
たまたま牡蠣にあたった女性の例があったので紹介します。

牡蠣あたりの嘔吐・吐き気・下痢は鍼で治せる

2023年2月21日、火曜日。

患者さんは60代の女性、常連さん。
急遽連絡が来たので後で分かったのは、2日前に牡蠣を食べてから不調が出た。当時の症状は嘔吐下痢、脱水症状でフラフラ。昨日は仕方なく病院に行ってきた。今日当院に来る時、少し食べ物のいい匂いがしたけど、昨日までは焼き肉などを見ただけで吐きそうだったそうです。

一般的な推理でも、彼女の嘔吐・下痢は牡蠣あたりが原因の食中毒でしょう。西洋医学ではノロウイルスが原因だと定義しています。

鍼はノロウイルスをどう退治するのか?


ノロウイルス用のツボなんか、ある分けがない!
鍼灸の考え方は違います。
体の免疫システムを刺激して、自力で胃腸機能を戻すようにする。鍼が病気を治せる理由は以下の記事で詳しく説明しました。参考になると幸いです。


今日鍼をしたツボは中脘、下脘、上脘、足三里、公孫、内関など。

彼女が言うのは「鍼を置いてる間、お腹は暖かくなってきて、お腹が空いてきました」。

気持ち悪い、吐き気がする症状が治ってお腹がすいてくれば、胃腸はもう大丈夫だと判断できます。でも、念のために「今日は軽めの消化しやすい食べ物を食べてください」と伝えました。その後、ほかの事で鍼治療に来たけど、胃腸は大丈夫そうです。

嘔吐下痢、吐き気がする症状は食中毒(牡蠣あたりなど)にも見られるし、コレラなどでも見られます。病名は違うけど、治し方は同じ。コレラだって、ちゃんとした鍼灸師に診てもらったら治る。以下は古代の一つの症例、参考になると幸いです。

あなたが膵臓がんから来る吐き気・下痢・嘔吐なのか、胃炎・食中毒から来る吐き気・下痢・嘔吐なのか、関係ありません。鍼はすべて改善できます。

(おわり)

コメント