健康医療の規制がエスカレーターするはてなブログ。言論の自由はどこにあるんだ?!

この記事は約2分で読めます。

こんにちは、李哲です。

諸事情でブログ書けてないですが、昨日ブログの異変に気づきました。つい、西洋医学の目に止まりましたね(笑)当時のスクショは、以下をご覧ください。

国家資格保有者の鍼灸師の記事を危険だと差別化するはてなブログ
国家資格保有者の鍼灸師の記事を危険だと差別化

おいおい!マジかよ~

またまた標準医療を理由にしていますね。

標準医療=科学的根拠があり、信頼できる医学。ほかは全部デタラメ。なんという素晴らしい見解!

  • 標準医療で治らなかったけど、鍼で治った症例。
  • 標準医療で半殺しにされた患者さんが、漢方薬で回復した症例。
  • 標準医療の副作用で起きた病気を、漢方薬・鍼灸で治った症例。

このような症例を書いて、患者さんに「もっと良い選択肢があるよ」と紹介するのは、間違いでしょうか?医療とは、患者さんのための医学じゃないですか?

 

かつて、インタネットはまだ言論の自由があったと思ったけど、今は医療情報への取締がひどくなった感じ。少なくとも、現在のはてなブログでは差別化されています。グーグルも取締が強化されて、上位表示されないようにしているらしいです。

はてなの畑を借りて農作業しているから、はてな独自のルールを守らないといけはいのは分かるけど、それにしても今回のは受け入れません。まるで犯罪者のマークみたいに貼られるのは嫌です!

鍼灸の国家資格を保有しても、現実にある問題を指摘するだけで、こんなに「優遇」されるんだから、ほかの一般人が書いた健康ブログは更に封鎖されるでしょう。

まあ、西洋医学の悪口を一切言わないで、漢方薬・鍼灸症例だけ書けば穏やかに生活できるかも知れませんが、私は黙っていられません。西洋薬の副作用、患者さんを殺す治療方法は、みんなに伝える必要があります!

いつか、過激な言論で、はてなブログのアカウント停止になるかも知れません(笑)

ワードプレスなどへの引っ越しも考えています。ただし、まだ準備する時間がないので、余裕ができたら実行に移します。 

コメント