サラサラの鼻水が鍼刺して15分には治った症例

この記事は約2分で読めます。

こんにちは。李哲です。

サラサラ鼻水の原因は風邪、鼻炎、アレルギー性、花粉症…かも知れません。

病名が何であろうと関係なしで、鍼はサラサラの鼻水に有効です。

今日は特別に速く治った鍼灸症例を紹介します。


2019ー1ー30

一人の男性、定期的に通っている方です。

なぜか今日、サラサラの鼻水を垂らしながら入ってきました。

私「珍しいですね、風邪ですか?」

患者さん「うん…よくわからないけど、鼻水が垂れ下がってくるね。」

鼻水が垂れてくる

サラサラの鼻水は鍼ですぐ治る

私「了解しました。寒いので風に当たったかも知れません。いつものツボ以外に2つくらい追加します。」

いつもの背中のツボを刺す時、首後ろの風池・肺兪と手の三間を追加しました。

うつ伏せでツボを刺したら、すぐ鼻水が減る感じで、15分後仰向けになったときは、サラサラの鼻水はほとんど消えました。

1時間の施術して帰るときは、鼻水が垂れるのは完全に治って、患者さんはちょっと不思議な顔をしてました。「さっきまでの鼻水は?!…」

おそらく、今までこんなに早く治った事はないからでしょう。

ちなみに、以前私が風邪を引いたときも、三間穴と液門穴で治しました。

三間穴で風邪の鼻水を治すのは、アメリカの鍼灸医:楊維傑先生の本から習いました。中国の中医学大学で勉強したときは、こんな知識を教わってないですね…

最近ずっと考えて、その理屈が分かりました。

大腸経は鼻のすぐ隣を通ります。

ツボとして有名なのは、鼻隣5分の迎香穴。当院に通っている方は、いつもの持病以外、たまに風邪の症状を訴えるときが多いです。その時は、ついでに鍼1~2本刺して、風邪の症状を改善しています。

鍼灸医、漢方医に診てもらうといい所は、なんでもつらい症状をご相談できる。病院みたいに専科に分けてないですね。

勉強すればするほど、ツボの奥深さに感服します。

この三間穴は、マッサージでなかなか到達できない場所なので、風邪を引いたら鍼灸医に刺してもらうか、もしくは漢方薬を使ったほうが良いです。

風邪を治す漢方薬シリーズは、以前紹介したことがあるので、どうぞ参考にしてください。

コメント