歯がしみる・痛いのを鍼1回で改善し、神経を抜く手術も要らなくなった

この記事は約2分で読めます。

こんにちは。李哲です。

冷たい水、こおりなど食べて、歯がしみて痛い時、おそらく一般の方は歯医者さんに行って検査・治療してもらうかも知れません。

歯医者さん以外に、鍼でも治療できるのを知っていますか?

今日は簡単な鍼治療例で説明します。

冷たい水で歯がしみる・痛いのは、鍼でも簡単に治せる!

一人の女性。

肩こり、冷え性などを治療しているとき、偶然に歯の話が出ました。

彼女の話を聞いたら、左奥歯が冷たいものに当たるとしみて痛いそうです。

私「歯がしみる痛みは、鍼でも簡単に治せますよ。」

彼女「本当ですか!?効果があるならやってみたいです。だって、歯科医院は神経を抜いて治療すると言ってました。」

神経を抜く手術は大げさですね。

当時刺したツボは、頬車(きょうしゃ)一つだけ。

以下は、つぼの簡易図です。

歯がしみて痛い、むし歯の痛みなどに有効な頬車

歯がしみて痛い、むし歯の痛みなどに有効な頬車

治療効果を強化するために、先に痛くない右側を刺して、その後は痛い左を刺し。鍼を置いている時間は15分くらい。


3週間後、彼女がまた来たとき、喜んで教えてくれました。

「前回の1本の針はすごかった!だいぶ楽になってしみない。歯の神経を抜く必要もなさそうです。」

彼女は以前、ほかの歯の痛みで、歯を抜いてもらったことがあるそうです。

鍼治療で痛みが治る話を知ってから、彼女はちょっと後悔してました。

「もっと早く知れば良かった!余計に歯を抜かれちゃったよ!」


歯が痛いから、歯を抜く?

リウマチの関節痛は、なぜ手足を切って治さないですか?

アメリカの中医師:鄭智城先生も同じ質問をしていました。

痛みには、必ずその原因があります。

原因になるのを取り除かないで、ただ単に切るだけでは治りません!

むし歯で、大きな穴が空いた。

もしくは事故で歯が折れた。

このような歯の形が壊れたとき、西洋医学の歯科医院はあなたの役に立ちます。

歯が折れてもないのに、歯が痛い・歯根出血・歯が浮いているような感じ・歯がしみるなどのトラブルは、すべて鍼灸で治せます。

神経を切ったり歯を抜く必要は、まったくありません!

なにか歯の不調があったら、信頼できる漢方医もしくは鍼灸医に診てもらってください。きっと良い結果になります。以下は私の一つの治療例、参考になると幸いです。

コメント