口内炎で舌が痛いのが、ゴーヤ料理2日で治った例【中医学の理論】

この記事は約3分で読めます。

こんにちは。李哲です。
皆さんは不思議だと思うかも知れませんが、うっとうしい口内炎の痛みは、食卓の食べ物で治ります。今日は口内炎で舌がすごい痛いのを治した例で、なぜゴーヤは口内炎に効くかを説明しました

口内炎みたいで、舌がすごい痛い女性患者

一人の女性。 彼女はもともと、生理のトラブルを治すために来ました。痛い足つぼも少しずつ痛みが弱くなり、いろいろいい変化が出始めたけど、ある日彼女は違う悩みを話しました。

「口内炎みたいで、舌がすごい痛いけど、なにかいい方法ありますか?」

f:id:li-hari:20180704175840j:plain


正直に言って足つぼ.整体で口内炎を治したことはありません。しかも、患者は1週間に1回しか来れない。

こんな状況で、足つぼ.整体を1回やっただけで口内炎が治せるなんて、とても言えない。違う方法を考えるしかなかったです。

ゴーヤー料理を2日食べたら、口内炎の舌が痛いのは治った

口内炎になる前と後の状況を聞いて、私は少しアドバイスしました。「苦い野菜は食べられますか?一番苦い沖縄のゴーヤがおすすめです。2~3日食べてみてください。」

1~2週間後、彼女が来たとき、笑っちゃう報告がありました。「2日食べたら、口内炎が治りました。」

彼女が言うのは、冬なのでゴーヤは買えなかったそうです。でも、彼女は私のアドバイスとおり、とにかく苦い野菜を買ってきて食べたらよくなりましたただの野菜で2日で治ったことに私もびっくり。

大自然の力は、本当にすごいです!

口内炎を治せるゴーヤ

苦いゴーヤが口内炎に効く原因(中医学の解釈)

次には、なぜ苦い野菜を勧めたかを簡単に説明します。

口内炎で、よく舌が痛くなる。
舌は中医学でいうと、「舌為心之苗」。

私の日本語で翻訳すると、心臓のエネルギーが外に現れるところ。たとえば心臓の火(エネルギー)が強すぎた場合、その火は表(舌)まであがって、舌が焼けどしてピリピリ痛くなるのです。

ニハイシャ先生の症例を見ると、舌が痛くなるのは歯科治療の後遺障害もあるそうです。以下はその治療例、参考になると幸いです。

心臓の火(エネルギー)が強すぎになる原因は、簡単にいうと焦る・心配性。以下はよくある例です。

●時間に追われて焦る。
(たとえ話:電車などに間に合わないなら次回を待ちましょう。)

●手に入れそうなのに入れなくて焦る。
(たとえ話:3億円の宝くじは、誰でも当たるものではありませんよ。)

●無駄な心配が多すぎ。
(そんなに心配してなにが変わりました?)

神農本草経』で言うのは、「苦能降.苦能泄」つまり、苦いものは上がった火(エネルギー)を降ろすことができる。

普段食べてる野菜は苦さが足りないから、彼女に一番苦いゴーヤをすすめたが、「偶然」で治った口内炎で私は中医学の理論に感服しました。2000年前に書かれた『神農本草経』。その理論は、今でも臨床で効果が発揮しています。こういうものこそ、「科学的」でではないでしょうか?

おわりに

口内炎になった方は、以上の方法を試してください。誰でも2日で治る保証はないけど、ゴーヤを食べて死ぬ副作用はないでしょう?

鍼治療も口内炎に良い効果があります。ゴーヤー料理でダメだったら、近くの信頼できる鍼灸院で治してもらってください。

漢方薬でも口内炎を治せます。ただし、日本には既製品を売ってないので、ご紹介ができないですね。以下は一つの症例、参考になると幸いです。

コメント