生理と母乳は同じもの。乳がんの原因と予防になるアドバイスを中医学先生が説明します。

この記事は約6分で読めます。
乳がんの本当の原因と予防に関するアドバイス

乳がんの本当の原因と予防に関するアドバイス

中医学(東洋医学)で、乳がんは「不治の病」ではありません。
漢方薬、鍼灸では治療できます。
なぜなら、中医学(東洋医学)の理論で、乳がんの原因がはっきりしているからです。

漢方薬、鍼灸の治療を受ければ、胸のしこりは徐々になくなります。以下は一つの鍼治療例、完全にはしこりが消えてないけど、だいぶ小さくなりました。

倪海厦(にはいしゃ)先生1は、たくさんの乳がん患者さんを治した先生。そして、皆さんが乳がんに対する恐怖を払うため、乳癌的防治與治療を書いたのを私が日本語に訳しました。参考になると幸いです。

生理と母乳は、同じものである

乳がんはたくさんの女性が聞いてびびる病名。
アメリカは1999年の乳がん死亡者、4万人!
今はもっと増えています。

中医学は乳がんをどう見ているのか?
最初、みなさんに知って欲しいものがあります。

※生理と母乳の関係※

西洋医学で生理は、
未受精の卵子からくると考えています。

中医学では生理と卵子は関係なし。
生理と母乳は同じもの。
つまり、生理は母乳から来ると考えています。

この考え方の根本的な違いで、西洋医学はいまだに有効な予防と治療ができてません。

簡単な例をあげて、中医学が正しいことを証明します。

1.母乳をあげる時は生理がありません。でも、たくさんの女性はこの時に妊娠します。なぜなら、生理がなくても卵子は相変わらず出るから。

2.卵管結紮術らんかんけっさつじゅつすると卵子が出ないけど、生理は毎月きます。

乳がんの本当の原因:心臓が弱くなって、過度の母乳が胸に溜まる

女性の方は、みんな分かると思います。

生理前、乳房は普段より張る。
生理が始まると、胸の張りが減っていきます。

これは、乳房に溜まってる母乳が生理でなくなってるからです。
胸の母乳が降りて生理になる過程で、重要な役割を担当するのは心臓。

心臓が母乳を下の子宮まで送って、生理を作るのです。

生理を来させるのに1番大事な心臓

生理を来させるのに1番大事な心臓

心臓が正常の場合、母乳は全部生理として外に流されます。余った母乳がある場合、がん細胞の飯になり、がん細胞がどんどん大きくなる。 これが乳がんの本当の原因です。

乳がんを悪化させる西洋医学の様々な薬

母乳を増やすもの、例えば女性ホルモン剤・ビタミン剤などは、全部乳がんを悪化させます。

赤ちゃんが断乳するとき、残りの母乳をきれいに出さないとダメです。この時、西洋医学のホルモン注射でむりやり母乳を止めるけど、結果はもっと悪くなるだけ。母乳と生理の血が同じだということも知らない西洋医学は、余った母乳をどこに出しますか?

注射は母乳を外に出すのではなくて、乳房に閉じ込めるだけ。だから、「断乳する注射と乳がんは関係がある」と話しています。

閉経後、乳がん予防になるのは快便を保つこと

女性は閉経後もしくは事故で子宮卵巣などを取った後、母乳がなくなったわけではありません。人間の体は、ずっと母乳(生理の源)を作っています。

閉経後、母乳が外に出る唯一のルートは大便。
だから、中医学の理論では、「閉経後は便秘より下痢のほうがまし」だと言います。

西洋医学では便秘をたいした症状にしてないですが、中医学は便秘をすごい大事にしてます。便秘は乳がんに直接つながってるから。

便秘も治せない人が癌を治せると言うのは、歩けない子供が自分は走れると言うのと同じです。信じられますか?

一言でまとめると

西洋医学では乳がんを治せない。
他の癌、悪性腫瘍も治せません。
予防はもっと『夢』です。
認識が根本的に間違っているから。

ローマに行く道はいろいろあると言いますが、方向が間違えたら何時になっても目的地までは行けない。

乳がん予防に関するアドバイス

以下のアドバイスがあります。

便秘は絶対ダメ!

李哲の説明:
便秘は1番レベルが低い足つぼ整体でも効果があります。鍼治療、漢方の治療はさらなる効果が見られます。以下は13年前の症例、参考になると幸いです。

薬も効かなくなった20年の便秘、足つぼで便通がすごく良くなり、便秘薬もいらなくなった(足つぼ症例2つ)

②正常な生理を保つ( 量、色、周期など)。
生理が終わるとき、胸の張りがなくなる。

③天災事故の以外、子宮と卵巣はなるべく取らない。取ると母乳が外にいくルートが少なくなるから。

X線、マンモグラフィ、生検(Breast Biopsy Devices)など、乳房を傷つける検査はしない。

⑤病院の薬は肝臓と心臓を壊すので飲まない。

李哲の説明:
病院の薬でひどい副作用に遭った患者は多いです。以下は副作用で苦しんだ女性を治した漢方症例、参考になると幸いです。

ステロイド剤の副作用でうつ病になり、極度の倦怠感と眠気で何もできない、鼻水が喉に落ちる、眉毛の骨が痛い女性は、数回の漢方薬で治った

いろんなサプリは全部やめる。
余った栄養は、がん細胞の口に入るだけ。

⑦アメリカの西洋医学先生の話は信じない。
乳がん死亡率、アメリカは世界一なのに、なぜ信用できますか?

李哲の説明:
西洋医学の統計データを覚えて下さい。
病院が仕事しなければ、患者の死者が減ります。つまり、病院が患者を殺しているわけ。それでもあなたは病院を信じるでしょうか?

医師ストライキで患者の死亡率減少

⑧常に楽しい、笑う生活を過す。
悩み、心配、うつなどの気持ちは母乳の代謝を悪くして子宮まで行かないから、生理の血として外に出ません。

以上、あなたが私のアドバイス通りにすれば、乳がんになることはありません。

李哲の説明:
生理と気持ちの関連性、以下の症例がヒントになると思います。女性の生理は、気分と非常に関連しているので、穏やかなこころを持つのが大事。

生理が3ヶ月来ないのは鍼6回で治り、便秘気味・肩こりも同時に解消。生理が来ないのはショッキングな事件が原因でした。

いい中医師を見つける小ワザ

現実での問題点は、優秀な中医師を見つけるのが大変。
一つ、小技を教えますので良い先生かどうかのチェックになります。

先生に質問して下さい。
「生理はどこから来ていますか?」

正解だったら治療する。
不正解だったら、ほかの中医師を探す。

賢くならないと自分を守ることもできません。

~続きの論文~
↓↓↓

  1. 倪海厦(ニハイシャ)先生(1954—2012)はアメリカの著名な中医学先生。漢方・鍼灸・風水・占いに精通した天才。全世界で「傷寒雑病論」をもとに様々な癌・指定難病を治し、LAST HOPE(最後の希望)だと患者さんに言われました。また、臨床治療を行いながら、たくさんの優秀な中医学先生を育てた先生でもあります。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介しますで詳しく書きましたので、よかったらご覧ください。

     

コメント

  1. bumeesha より:

    漢方薬で乳房の組織まで再生しているとは驚きました!
    アメリカ、又は南カリフォルニアでニハイシャ先生、または教え子の先生達の治療院を探したい場合どのような方法があるかご存知でしたら、教えて頂けますか?

  2. li-hari より:

    id:bumeesha
    bumeeshaさん
    コメントありがとうございます。
    漢方の力は想像以上なので、乳がんの治療はもちろん他の病気でもいい効果があります。ぜひ近くの漢方医・鍼灸医に診てもらってください。
    以下はニハイシャ先生の弟子たちの連絡先情報がある記事です。参考になると幸いです。
    https://li-hari.hatenablog.com/entry/2014/01/19/094112

  3. bumeesha より:

    (id:li-hari)
    李哲さん。
    お返事ありがとうございます。
    なんと先生方の連絡先がブログにアップされていたのですね!
    教えて頂き、どうもありがとうございます!とても感謝します!!
    是非、近くの漢方医・鍼灸さんの所へ行きたいと思います。