CT被爆で年間2万9千人が癌になっている(アメリカ国家国立癌研究所 の最新研究結果)

この記事は約3分で読めます。

こんにちは、李哲です。
倪海厦(ニハイシャ)先生1のニュース評論を翻訳しました。

CTスキャンを安易に受ける方は要注意です。
レントゲンよりも強い被爆で、癌になる確率が高まるので、なるべく避けたほうがいいです。

CT被爆で年間2万9千人が癌になっている

アメリカ国家国立癌研究所 の最新研究結果によると、2007年全米でのCT検査 は7200万回で、2万9000例の癌患者を作り出した。その中、1万5000例は致命的な癌。

CT検査 は医師の診断に役に立つかも知れないけど、アメリカ国家国立癌研究所(National CancerInstiute)の最新研究は新たな警告を出しています。

「過度の放射線検査は、将来的にたくさんの癌患者を作り出す危険性がある!」


この研究はアメリカの非営利公共放送局 (National Public Radio)でも報道されました。報道内容は、アメリカ医学業界はCT検査 の使用率を下げるか、もしくは放射線量を減らす必要がある。そうじゃないと、毎年癌になる人は増えるだけ!

CTスキャンで癌になる

CTスキャンで癌になる


アメリカ国家国立癌研究所 のこの論文は、今度のアメリカ《内科医学年鑑》 (Annals of Internal Medicine)に発表されました。

この研究によると児童、若者、女性がCT検査 のリスクが一番高い。癌になった人数の3分の2が女性であることも分かりました。

倪海厦(ニハイシャ)先生の評論


CT検査するだけで、致命的な癌になる。あなたはCT検査したいですか?検査して癌だと言われたら、あなたは嬉しいですか?その後、手術で切り取り?家に帰って遺書を書く?

放射線があなたの体を照らすとき、田舎で自然な空気を吸ってる人がいます。あなたがCT造影剤を飲むとき、田舎の綺麗な水を飲んでる人もいます。

こんなCT検査、私は自分の敵だけにすすめます。周りの親友には絶対行かせない。


CT検査して病気が見つかり、その後は何ができますか?

So What?

李哲の感想

レントゲンとCTスキャンは命に別条はない限り、しないほうがいいです。西洋医学は被爆量が少ないと言い張るけど、本当の事は話していません。

毎年恒例の検査で、被爆したのは累積するのです。そして、数年後、数十年後には念願の白血病になる。ニハイシャ先生の治療例には、被爆で白血病が増えた患者さんがいました。以下の記事、どうぞご覧ください。

ニハイシャ先生の話はとても賛同です。
CTスキャンして癌が見つかりました。
じゃ、その後はどうしますか?

癌が治せないなら、患者さんも知らないほうが良いです
日本語では「知らぬが仏」だと言いますよね?

癌だと知ってからは、毎晩眠れなくなるし、ご飯も味がしなくなる。こんな生活して人生は楽しいですか?

西洋医学の先生は、きっと「癌が見つかれば手術するか抗がん剤で治せる」と言います。毎年山ほどの癌患者が治療で死んでいるのに、よくこんなウソを言いますね。

最後、日本のお医者さん:近藤誠先生が書いた本は、とても参考になると思います。以下の外部サイトに詳しい情報が乗っているので、ぜひ参考にして下さい。

www.windfarm.co.jp

  1. 倪海厦(ニハイシャ)先生(1954—2012)はアメリカの著名な中医学先生。漢方・鍼灸・風水・占いに精通した天才。「傷寒雑病論」をもとに様々な癌・指定難病を治し、LAST HOPE(最後の希望)だと患者さんに言われました。また、臨床治療を行いながら、たくさんの優秀な中医学先生を育成し、中医学伝授のために努めました。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介しますで詳しく書きましたので、よかったらご覧ください。

コメント