生理痛は鍼20分で治り、お腹がすごい暖かくなってきた。当日に便秘気味が改善されて、大量の便と尿が出た例。

この記事は約2分で読めます。

こんにちは、李哲です。
簡単な鍼治療例を記録しました。

一人30代の女性。
よく生理中に、便秘気味になるそうです。

症状が単純なので、お腹のツボだけにしました。

中脘、関元、天枢。4箇所。
いつもお腹の鍼を怖がっていたので、なるべく本数を少なめにしました(笑)

鍼を置いている間は、腸がゴロゴロ鳴り始めました。 生理痛が少しあったので、関元の響きはすごかった。鍼を回してもないのに、呼吸するのが原因なのか、響きの波が不定期に来たそうです。

20分後に鍼を取ったら、彼女が言うのは「お腹がすごい暖かくなりました。生理痛も消えてお腹がとても楽です」

そして、当日には大量の便と尿が出たそうです。便は普通に気持ちよく出て、しかも2回。溜まっていたものが全部出た感じ。尿もたくさん出たので、ポッコリしたお腹がぺたんこになったそうです。

「お腹の鍼は響くから嫌だけど、定期的には受けたいです」と彼女は言ってました。

生理痛、便秘気味を同時に治す鍼灸
生理痛、便秘気味を同時に治す鍼灸

鍼は速効性があると言われます。
即効性と言うのは、鍼を刺してすぐ分かること。

痛みがあったら、鍼を刺した瞬間に痛みが緩和・消失。
便が詰まってお腹が痛いときは、鍼を刺した瞬間に胃腸が動き出す。

全員に即効性が現れるとは限らないけど、頑固で長年の症状でなければ、一般的にはすぐ効果が実感できます。西洋の鎮痛剤より、はるかに素早く効く。

ほかの症状に対しても鍼は速効性があります。以下は一つの治療例。

彼女は知人の話をしたことがあります。
その知人はギックリ腰で鍼灸に行って、腕に鍼を1本刺した瞬間に痛みが消えてビックリ。知人が彼女に話す時、「刺して数分後ではなくて、刺した瞬間に腰痛が消えたよ!!!」と興奮状態で言ったそうです。

私は彼女の話を聞いて、だいたい分かりました。腕のツボと言うのは、手三里でしょう。このツボは、ギックリ腰若しくは寝違い、ねんざ痛など。筋肉、筋の急性の痛みに有効ですね。

響きは強くて嫌がられるかも知れませんが、その場で痛みをすぐ解決するのが、鍼のいいところです。

コメント