便が硬くて血が出るのは、鍼1回で柔らかくなり、血も出なくなった

この記事は約4分で読めます。

こんにちは、李哲です。 

  • 便が硬い(便秘ぎみ)、出血までする
  • 便が柔らかすぎ(下痢ぎみ)

両極端な症状ですが、どちらも鍼で治るので、便の異常で困っている方はぜひ鍼治療を試してください。今日は簡単な鍼治療例で説明します。

 

 

便が硬い、血まで出る男性

 

2021-1-27

毎週定期的に通っている男性から、思いの外の相談がありました。

 

彼「便が硬くて血が出るくらいですが、これも治りますか?」

私「もちろん治療できますよ。」

 

私「いつから便が硬かったですか?」

彼「ずっと前からです。」

 便が硬い、血が出るのは鍼1回で治った

 

私は心のなかで思いました。

「症状を隠してどうするんだ?もっと早く言えばいいのに…数回の鍼で治るから!」

鍼灸治療のとき、自覚症状は隠してはいけない

 

おそらく、彼も仕事が忙しくて、この症状を忘れたでしょう。施術することで、徐々にほかの症状を思い出して教えてくれる患者さんも多いです。

 

また、日本人特有の遠慮がちかも知れませんが、以前は「症状を話すときりがなくて申し訳無いから話してないんだ」という患者さんもいました(以下の記事に書いた女性)。

 

www.li-hari.net

 

これはダメですよ。

お金を払って治療しているんだから、申し訳ない気持ちは要りません!

 

また、症状は手がかりになるので、隠すと私の判断がミスる可能性があります。

舌診・脈診などで五臓六腑の状態が判断できるけど、私は神さまではないので、あなたの便がどれくらい硬いか、1日何回トイレに行くのか…などの詳細は分かりません。つらい諸症状を全部、すなおに教えてくれないとダメです。

 

超ベテランになったら、患者さんが言わなくてもわかるけど、現段階の私には無理。

私が尊敬するニハイシャ先生は、患者さんが嘘を言っても知らないふりして、こっそり治療する時がありました。以下の記事をご覧ください。

 

www.li-hari.net

便が硬いのは鍼1回で治った

 

今日はいつものツボをアレンジしました。

 

刺したのは照海、天枢、下脘、支溝、関元、巨闕、上巨虚、太衝。

照海、天枢、下脘、支溝は完全に便を治すためのツボ。ほかのは、間接的に治療もしくは滋養強壮になるツボです。

 

天枢穴は便秘でも下痢でも有効なツボ。

以下は、下痢まではいかないけど、非常にねばっとした便を天枢穴だけで治した例です。参考にして下さい。

 

www.li-hari.net

 

2021-2-3

1週間後。

彼が来たとき聞いて見ました。

「便はどうですか?まだ硬かったら、前回と同じ治療をします。」

 

彼は躊躇してました。

「いや…前回の鍼、すごい響いたからね…便がすごい硬いのは、なくなりました。もう大丈夫です。」

 

私「本当に柔らかくなりました?」

彼「うん、もう大丈夫です」(笑)

 

私も笑うしかなかったです。

 

以前の男性患者を思い出しましたが、その男性も響きが怖くてもう治ったと言ってました。当時の施術記録は、以下をご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

2~3週間後にも確認したけど、便の調子は良いみたいです。なので、関連の治療はしていません。

 

彼の治療効果がとても良いのは、毎週メンテナンスで鍼治療に来るのが大きな原因です。ほかの方は、彼みたいに1回で治る保証がないので、ご理解おねがいします。

便秘、下痢。両極端な症状でも、同じように治せる鍼灸

 

西洋医学には、絶対に同じ薬で両極端の症状を治せるものがありません。下痢には下痢専用の薬、便秘にはまた便秘専用の薬です。しかし、鍼治療は同じツボ(例えば上記で説明した「天枢穴」)で両方治せます。

 

また、西洋薬は何年も飲み続ける必要があるけど、鍼灸は治ったあと来なくて良いのが違うところ。

 

www.li-hari.net

 

便秘、下痢はみんな治しやすい症状です。

鍼灸の場合は、わずか数回で効果が出る、もしくは数回で治ります。

 

困っている方は、ぜひ信頼できる鍼灸院で治してもらってください。

 

コメント