汚れた真実(Dirty Money)第三話:製薬会社の非人道的なボロ儲け。薬価を値上げし、患者が死ぬか生きるかは気にしない。

この記事は約5分で読めます。

こんにちは、李哲です。
製薬会社と関連しているドキュメンタリー映画(Netflix製作)、汚れた真実(Dirty Money)、第三話の内容を紹介します。記事:黑钱-除了「假疫苗」,这世界还有很多黑幕-迅雷影评を参考に、翻訳させていただきました。


第三話。
始めから公聴会のシーン。

米製薬会社「チューリング・ファーマシューティカルズ」のCEOマーティン・シュクレ(Martin Shkreli)は、ピリメタミン(Darapirim)を一粒13.5ドルから750ドルに値上げしました。

「アメリカでもっとも憎たらしい男」だとメディアに言われたけど、CEOはカメラの前で鼻高々に笑ってました。最後、彼はほかの証券詐欺罪で逮捕。日本語関連ニュースは以下をご覧ください。

「米国で最も憎まれた男」が犯した本当の罪は何なのか | Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン)
...

しかし、彼はまだ小物です。
今回の主人公はvaleant 製薬会社のCEO、マイケル・ピアソン(Michael Pearson)

2008年、valeant 製薬会社はまだ経営が難しい会社でした。市場価値は21億ドル。

マイケル・ピアソンが就任した時、株はまだ15ドルも行ってない。しかし、2015年の最高峰は262ドルに値上がり。ウォール街でもっとも儲けた一例になりました。

マイケル・ピアソン

マイケル・ピアソン

外部から見ると、彼の手段は一つのみ。
ほかの会社を買収。
しかし、調査が深まることで事実は複雑になりました。

一般的に、製薬会社は売上の18%を新薬の開発に使います。
しかし、valeant 製薬会社は3%しかない。
彼らはもっと良い方法を見つけたのです。

マイケル・ピアソンが言うのは、新薬の開発はリターンが少なすぎ。もっと良い方法は認可された製薬会社を買収すること。問題は、valeant 製薬会社は買収したあと、大幅に薬価を上げたのです。患者さんに対して、これは致命的なこと。

一人インタビューを受けた患者さん。
ウィルソン病です。

彼女は以前、毎月30ドルを払えば、日々を過ごすことができました。病気があるけど、まだ生きている。しかしある日、彼女が気づいたら一粒の薬が200ドルに値上がり。1年の薬品代だけで28万ドル。

薬を止めたら、彼女は死ぬ。
もし薬を続けると、彼女は医療保険が買えなくなる。
もし薬を自腹で買うと、彼女の家族は全財産を失う。

李哲の説明:
西洋医学の治療で破産宣告する患者さんは少なくありません。以下は病気治療でお金がなくなり、自宅マンションを売るしかない女性の物語。

子宮内膜症の腰痛は漢方の劇薬1回で治り、激しい下腹部痛が消えて夜はグッスリ寝られた

インタビューの時、彼女は匿名希望でした。
会社に医療費が高いのがばれたら、彼女は仕事を失う。一旦首にされたら、彼女の医療保険状況では、次の仕事がなかなか見つからない。

valeant 製薬会社はウィルソン治療薬を毎月650ドルから2万1千ドルに値上げ。同時、valeant 製薬会社の市場価格は23億ドルから780億ドルに高騰。

valeant 製薬会社が株主への報告の脚注には、こう書いてました。
「珍しい薬の販売量が増えた」

親指で考えても分かるでしょう。
販売量が増えた?
珍しい病気の患者さんが増えたこと?

実際は彼らが薬価を大幅に値上げしたのです。
巧みにデータを操り、株主に今の会社が繁盛である錯覚を与えてました。

李哲の説明:
上記のウィルソン病、西洋医学ではいまだに原因不明の病気。だから、高額な薬でも死にたくないからみんな買うわけです。実際に中医学ではウィルソン病の原因が分かるし、治療もできます。以下は一つの症例、参考になると幸いです。

ウィルソン病は母乳が肝臓に逆流したのが原因。白血病+前立腺がんは3週間の漢方薬で治った。

2016年、ヒラリー・クリントンはvaleant 製薬会社に噛みつけました。ヒラリー・クリントンは講演会で、一つの手紙を読んだのがあります。

ある患者さんが、80年代からずっと注射している薬。その時、10本で180ドルでした。今は同じ10本で14700ドル。ヒラリーが言うのは、「これは略奪性の価格です。我々は阻止しないといけない!」

これがきっかけで、たくさんの事が起きました。
1ヶ月でvaleant 製薬会社の株は59%暴落し、260億ドルが蒸発。

公聴会で参議院の議員は、ずっと質問し続けました。
「ほかの会社を買収したあと、あなたは値段をそのままにしていますか?」
「valeant 製薬会社が値上げしてない薬はありますか?1個だけで良いです。」

マイケル・ピアソンは一言も話せませんでした。

これは一つの商業模式です。
規定を守っているけど、道徳を無視してボロ儲け。彼らは市場を制覇する薬を見つけたら、すぐその会社を買収し、研究開発はすべて捨てて薬は変えずに値上げをするだけ。

値上げした時、製薬会社はこう言います。
「医療保険があるから無料です」

しかし、事実は違う。
医療保険は全国民が払っています。
つまり、アメリカ全国民が高価な医療費を払っている事になる。

李哲の説明:
アメリカは日本と違って全国民医療保険制度ではない。ただし、どちらでも健康診断を薦めています。これで製薬会社、医療機器メーカーは裏で、もう一つ儲ける。実際に健康診断は非常に曖昧で不正確に欠けた検査。しかも、患者さんを脅かして言いなりにさせる有力な方法。日本の国民は、この制度に多額の金銭を貢献しているのです。

健康診断は全く無意味!誤診が多くて、病名を作り出して患者数を増やす。健診は患者を恐怖と不安にさせるだけ!

valeant 製薬会社だけこうしているわけではない。ほかの会社も同じです。例えば、

  • インスリン値段は10年で3倍になりました。
  • 15種類の抗がん剤新薬、毎月の医薬費用は1万ドルを超えています。
  • アドレナリンの値段は08年から4倍に値上がり。

たくさんの製薬会社の売上が上がった裏には、薬価の値上がりが原因です。

李哲の説明:
以下は病院の治療でお金がなくなったもうひとりの患者さんの物語。病気も治せてないのに全財産を失う。値上がりする製薬会社の良心はどこにあるでしょうか?

大腸がんの腹水は9日の漢方薬で治り、精神状態・体力も改善された症例。漢方薬は安くて効果的だけど、病院の治療は患者を破産させる。

valeant 製薬会社に対する公聴会が終わり、ドキュメンタリー製作者が議員への一つの質問。内容は絶望的なものでした。

「valeant 製薬会社の行為は、合法的なのは何件で違法なのは何件ですか?」
「我々は違法行為が見つかりません。これこそ事件の怖いところです。」

 (おわり)

コメント