唇のヘルペスが3日の「甘草瀉心湯」で治った女性と、病院の薬を3ヶ月飲んでも治らない女性

この記事は約4分で読めます。

【※本記事は2021-04-23更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

アメリカの中医師:鄭智城先生*1の記事を翻訳しました。中国語本文のリンク先は、很幸运:西人中年女子疱疹三剂就根治_郑智城_新浪博客

 (発表日付:2011-06-20 10:41:19)

翻訳文

3月の中旬頃、一人の西洋婦人が何回も電話をして、治療しに来ました。当日、もともとすごく忙しかったのに、西洋婦人は何回も電話をして診療所までの歩き方を聞いて、やっと来れれたのです。

 

肌白くて小太りの婦人は、座ったらすぐ質問しました。

「ヘルペスを治せますか?」

 

婦人が指で示したのは、自分の唇。

唇に目立たないヘルペス(疱疹)が何個かありました。

 

私「大丈夫じゃないですか?」

彼女「先生は知らないですよ。私は病院の薬を飲んで、コントロールしてました。でも、薬を止めるとヘルペスがまた再発するから、うっとうしいです。私は幼児養育の仕事で、社長がよく健診に行かせるので、万が一何のトラブルがあったら仕事ができない。速く治してほしいです。」

 

アメリカの幼児養育は、厳しいみたいです。以前、一人のお婆ちゃんの腎臓結石を治療した時も、「よく健診があるから引っかかると仕事できない」と言ってました。幸いにもお婆ちゃんを治したこと。

 

▼李哲の補足説明:

腎臓結石の原因は様々だけど、漢方薬は一つの処方箋で治せます。以下はその一つの症例、参考になると幸いです。

www.li-hari.net

 

私「治せるので大丈夫です」

彼女「どのくらいかかりますか?」

 

私「だいたい2~3ヶ月」

彼女は仕方なく、「分かりました」の返事。

おそらく彼女も他の選択肢がないからでしょう。

 


 

彼女の話を聞いたら、彼女の家に友達が住んでいて、その友達がヘルペスになったそうです。彼女のヘルペスは、おそらく友達からもらったもの。

 

彼女が言うのは、毎回友達が彼女の食器を使うのを見た時、気持ち悪くてしょうがない。でも、他の方法がないから言ってない。最後は、彼女もヘルペスになったのです。

 

現代のヘルペスは、2千年前の張仲景が言った『狐惑病』です。

発作する部位は唇、もしくは生殖器。

 

処方箋は『甘草瀉心湯』。

f:id:li-hari:20180506105105j:plain

甘草(かんぞう)の画像

 


 

これは前から知っていました。

でも、実例を診たことがありません。

 

何回で治るか把握不能なので、多めに2~3ヶ月だと言ったのです。でも、その時は3日分しか処方を出してない。そして、「来週は必ず再診察に来て下さい」と教えました。

 

彼女が言うのは「必ず来週には再診察に来て、徹底的にうっとうしいヘルペスを治します!」

 

ところで、彼女は線が切れたタコみたいにどこかに消えて、昨日やっと姿を現したのです。また何百個の電話をして、診療所までの行き方を聞く。私は怒って頭から火が出るくらい。

 


 

彼女が来てから怒ろうとしたけど、質問してすぐ怒りが消えました。

私「ヘルペスはどうですか?」

彼女「治りました。もう再発はしてない。今度来たのはお腹が痛いからです。」

 

彼女はタイヤでも入ったように、腫れているお腹を指して説明しました。

 

私「本当に?もう再発はしてないですか?」

彼女「本当です。漢方薬を飲んでから再発はしてないです」

 

3ヶ月も消えて来ないのがおかしいと思ったら、治ったからですね。

 

彼女が言うのは、「友達はまだ治ってなくて、ずっと西洋薬を飲み続けています。友達に知っている中医学の先生に診てもらったら?と勧めたけど、友達はいろんな言い訳で断っています。。。毎回友達が私の飲食道具を使うのを見ると、気持ち悪くてしょうがないです」

 


 

彼女はまた続けて話しました。

「その友達は、西洋薬を飲んで言う時は治るけど、一旦止めると再発する。私の聞いた話では、その薬は肝臓に良くないみたいです。」

 

「そうです。

肝臓を壊さない西洋薬はありますか?

 

▼李哲の補足説明:

西洋薬には肝不全・肝臓がんを引き起こす薬がたくさんあります。たとえば、C型肝炎の治療薬、インターフェロン。関連記事は以下の症例をご覧ください。

www.li-hari.net

 

私は不思議で彼女に聞きました。

「あなたのヘルペスは漢方薬で治ったのに、なぜ友達は来ないですか?」

彼女は頭を振りながら、「私は彼女にヘルペスになったことを言ってないです。教えたくないです。」

はぁ!なるほど。

 


 

その友達は、運命的ですね。

漢方薬を紹介する人がいるのに、友達は話を聞かない。無理して肝臓を壊す西洋薬を飲む。

 

飲み続けて肝臓の毒素がいっぱいになって、肝不全になった時、その膨大な医薬費は私たちの税金で払うでしょうね。

 

1000年前に書いた張仲景の処方箋を検証できたのは、本当に私の幸運です。

 

(おわり)

 

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。

コメント