ひどい咳、白血球低下が漢方で改善しても、がん治療医が反対する分子標的治療薬を選び、生と死の境目で行ったり来たりする女性。

この記事は約6分で読めます。

こんにちは、李哲です。

スタンフォード大学の博士、李宗恩先生1の治療例、癌末病人的心態 – 當張仲景遇上史丹佛(08/29/2016 発表)を翻訳しました。

西洋医学の最先端治療を受けながら漢方薬も飲みたい」という癌患者はいるでしょう。残念ながら、併用しても癌は治りません。悪化するのがほとんど。

中医学先生がこんな患者さんに合ったときは非常に困ります。以下では李宗恩博士がどれだけ困っていたのか、具体的に書かれています。

末期乳癌の咳は漢方薬で良くなり、生活の質も向上

数ヶ月前、スタンフォード大の後輩、女の子がお姉さんを連れて来ました。(李哲説明:李宗恩博士はスタンフォード大学の卒業生)

末期乳癌です。
乳がんがたくさんの臓器に転移しています。脳、脊椎、骨、肝臓などに。

初診の時は、咳がひどかったです。
西洋薬を飲んでも効きません。

末期がんのひどい咳は漢方薬で著しく改善した

私は射干麻黄湯(やかんまおうとう)をもとにアレンジして、患者さんの咳はすぐ止まり、夜もよく眠れるようになりました。

次の処方箋で、彼女の身体が暖かくなり、水の代謝がうまく循環するようになり、患者さんと患者さんの家族はみんな、「前より良くなっている」と認めてました。患者さんの生活のクオリティーも、少しよくなってきました。

李哲の説明:
癌治療で最優先すべき項目は、癌が治るかどうかではない。患者さんの生活の質が肝です。漢方医たちの症例から分かるけど、中医学治療を受けた癌患者は明らかに回復が良くて、生活の質も高いです。以下の症例で具体的に比較しているので、参考になると幸いです。

東洋医学と西洋医学の対決:乳がんは手術・抗がん剤よりも漢方薬の方が、生活のクオリティーが高く長生きできる!

がん治療医も否定する危険な分子標的治療薬を選び

しばらく経って、病院の主治医は彼女に、新しい分子標的治療薬を紹介しました。
「この薬は、乳がん細胞の拡散を止められるけど、副作用がたくさんあります。その中の一つが、白血球が激減して危険な数値まで落ちること。もし白血球がある程度維持できなかったら、薬を止めるしかない」

これはもちろん、私が初めて聞く西洋医学の治療法ではないです。

李哲の説明:
西洋薬の副作用は数えるとキリがないです。以下はもう一人の漢方医の症例。ひどいうつ病になった患者の物語です。

ステロイド剤の副作用でうつ病になり、極度の倦怠感と眠気で何もできない、鼻水が喉に落ちる、眉毛の骨が痛い女性は、数回の漢方薬で治った

私は患者さんに、中医学の考え方を説明ました。でも、患者さんが西洋医学をもっと信用しているのを知っていたので、彼女に違うアドバイスをしました。少なくとも、もう一人の西洋医学の専門家に聞いてから、考えたほうが良いと。

彼女が探したのは、サンフランシスコ・ベイエリアの有名ながん治療医。

このがん治療医も、分子標的治療薬を反対。
理由は私が述べたのと同じでした。
患者さんには、すでに何種類のタイプ別の腫瘍があります。たとえ乳がんの拡散を止めたとしても、ほかの癌はそのままあるから意味がない。逆に患者さんの身体は、とても大きなダメージを受ける。

Well、この西洋医学の先生は、もう一つ反対する理由をあげました。

それは、このがん治療医が診た患者、分子標的治療薬を使ってから全員死亡!

結果はどうか?

患者さんは、この分子標的薬を数ヶ月使う事を決めたのです。使い始めてから、患者さんの白血球は危険な数値に落ちて、西洋医学はすぐ治療を止めました。

李哲の説明:
白血球異常の例として白血病があります。西洋医学では骨髄移植・抗がん剤しかないけど、漢方薬では1~2ヶ月で治せます。以下が一つの症例、参考になると幸いです。

白血病が2ヶ月内で治り、ついでに心不全の胸が苦しくて痛い、心臓がドキドキする、胃酸逆流、夜間頻尿も著しく改善した漢方薬症例。

漢方薬で白血球をあげても、分子標的治療薬で白血球が下がる繰り返し

彼女は私を探してきて、中医学の方法で白血球を上げてほしいと希望してました。

私は彼女に説明しました。
「中医学はこんなやり方ではないです」

でも、どうしたらいいですか?
私は仕方なく患者さんの免疫力を上げるしかなかったです。漢方薬のおかげで、患者さんの白血球も徐々に上がりました。

その後は?
彼女はまた分子標的薬を飲み。
白血球は危険な数値のあたりで、上がったり下がったりの繰り返しです。

彼女の主治医が言うのはなんと、「どうせほかの治療法がないから、白血球が下がってもこの分子標的薬を使いましょう!」

李哲の説明:
病院の先生よ、危険性にあふれている薬でも、患者さんに使いたがる。自分がもし癌になったら、同じように使うでしょうか?ほかの抗がん剤を例にしますが、結果的には明らかに癌治療医たちは抗がん剤を選びません!詳細は以下をご覧ください。

病院の先生すら抗がん剤を受けないのに、患者には容赦なく使う。先生たちの良心はどこにあるのか?

筋が通らない分子標的治療薬

この患者さん、もしスタンフォード大の後輩がいなかったら私は追い出します。

中医学を信じなくても、西洋医学が分かってなくても、この分子標的薬は基本的な論理思考に合いません!

百歩譲って、分子標的治療薬が「成功」したとしても、たくさんの敵の一人しか殺せない。その強烈な副作用で、患者さんは免疫力がなくなり、ほかの癌からの攻撃で生きる事ができません。

1回戦いで勝ったけど、全般の戦争で負ける事になります。

分子標的治療薬で癌がどんどん悪化

臨床で見ると、この患者さんの状況は悪くなるだけでした。もとの中医学の治療効果が、完全に消えただけではなくて、悪化するスピードは私の予想以上。

今の症状は、

  • 身体が寒い
  • 夜は胸と首上が熱い
  • 顔から、あぶら汗が出る
  • 顔色は非常に蒼白で、青色を混ぜている
  • 髪の毛は艶がなくなり、髪の毛が抜けるのもひどい
  • ベロは腫れて大きくなり、咳はさらに増加… …

中医学を少しでも知っている人は、私と同じように彼女を心配するでしょう。

李哲の説明:
乳がんを悪化させるのは様々な要素として、西洋薬があります。治療薬なのに何故悪化させるのか?それは西洋医学が乳がんの原因・仕組みをまだ完全にわかってないからです。以下は一つの症例、参考にしてください。

アバスチンで乳がんが急激に悪化!左の脇腹が痛い膵炎は、コーヒーの飲み過ぎが原因!

「西洋医学のあらゆる治療法を試す」というのは、自分・家族にも責任を負わない行為

今日患者さんが来て診たら、状況は更に悪化して、私は本当に怒りました。素直に彼女が危険な状態である事を伝えたあと質問しました。

「なぜこんな論理思考に合わない、ほかのがん治療専門家も反対する分子標的薬を飲み続けて、死を催促するのか?」

彼女の答えは、「あらゆる西洋医学の方法を試さないと、家族に申し訳ない」

私はその場で更に怒り狂いました。
「あらゆる方法を試さないと家族に申し訳ない?!本当は、自分と家族に責任をとらないことです。真正面から問題を解決しないで、自分の恐怖を完全に論理思考に合わない治療の背後に隠し、表面的には家族に申し訳ないようにするというけど、実は家族に文句を言いたがる。

死ぬ前に言うのはきっと、あなたたちの期待とおり、西洋医学の治療を受けたじゃないか!

患者さんの家族が分子標的薬の副作用を知っていながら、患者さんに「試してみろ!」と言うなら私は言うことないです。

おわりに

患者さんが帰ったあと、私のスタンフォード大の後輩は二度とお姉さんを同伴して来ていません。ほかの妹さんが同伴で来てました。

後輩は一人で何回か治療しに来たことあります。私が思うのは後輩の論理思考は優れている。以前から後輩が、お姉さんを説得できなくて困っているのを見ました。おそらく説得できなくて、がん治療には介入したくないから、同伴を止めたでしょう。

(おわり)

  1. 李宗恩博士はアメリカ・カリフォルニアの著名な中医師。数々の難病・がん治療で高い臨床効果を出して、中医学の普及のために記事を書か続けて、研修医たちも育てている素晴らしい先生です。李宗恩博士の診療所情報は、以下の記事で説明しているので、どうぞご参考にして下さい。オススメの漢方医・鍼灸医(海外)

コメント