ベロが腫れて硬い、話せない、ヨダレが出るのは数回で治った

この記事は約2分で読めます。

こんにちは、李哲です。
孫培栄先生1の鍼灸治療例を翻訳しました。

西洋医学でいう口内炎、舌がんに近い症状、鍼でどのように治したかが記録されています。鍼灸師の皆さんにも勉強になる情報なので、ぜひ覚えて下さい。

症例1:舌が腫れて硬い、ヨダレが出るのは数回で治った

董君、61歳、江蘇省出身。
住まいは台北市愛国東路。

症状は舌が硬くなり、口の中いっぱいなるまで腫れました。そして、話せない、よだれが垂れる症状は、すでに5年も経っています。

舌が腫れて硬い、ヨダレが出るのは数回で治った

舌が腫れて硬い、ヨダレが出るのは数回で治った

治療に来たのは、1966年4月20日。

刺したのは、唖門、風府、関衝、合谷穴、廉泉。

数回で治りました。

症例2:ベロが硬くて話せないのは5回で治った

朱君、64歳、安徽省出身。
住まいは台北市中華商城。

主訴はベロが硬くて話せない。

治療に来たのは、1967年5月1日。

同じツボを刺して、5回で完治。

李哲の解釈と感想

ベロが腫れて口の中がいっぱいの患者さんは、まだ診たことがないです。
おそらく現在は、このようなビックリする症状だったら、病院に運ばれて鍼なんか先に選ぶ人はいないですね。西洋医学の病名をつけるなら、舌がん・口内炎などが挙げられるでしょう。
舌がんの原因・治療方法に関しては、ニハイシャ先生の症例をご覧ください。とても参考になります。
孫培栄先生の治療穴を見ると、唖門、風府、関衝、合谷穴、廉泉。

関衝だけ最初は気になっていたけど、三焦経が舌に絡んでいるので、刺したと思われます。

私なら唖門.廉泉などは思い出すけど、関衝までは思い出せないですね…
関衝を除いた4つのツボで、どのくらい治療の差が出るか気になります。
  1. 孫培栄先生は台湾4大鍼灸名人の一人です。出身は山東省臨沂県。おじさんの銭曽文医師の門下で鍼灸を習い、最終的に台湾でもっとも有名な鍼灸医になりました。孫培栄先生は最期まで40人くらいの弟子を教えました。中で有名な弟子は周左宇、孫宝林、武仲瑛。

    著書としては、『孫培栄鍼灸験案』があります。私も勉強していて、中の治療例を翻訳してアップしたりもします。

コメント