鍼はなぜ効くのか?鍼は経絡の気を調整し、自己治癒力を働かせることで様々な体調不良を治す

この記事は約5分で読めます。
鍼は経絡のツボを刺激し、気を調整することで病気を治す

鍼は経絡のツボを刺激し、気を調整することで病気を治す

こんにちは、李哲です。
患者さんから何回も質問されたことがありました。おそらく、他の方々も同じ疑問があるでしょう。

「鍼ってなんで効くんですか?」

たまには鍼の即効性に驚いて、魔法使いだと言う人もいました。

鍼灸はなぜ効くのか?
要約すると、鍼灸は経絡のツボを刺激することで、気のめぐりを調整し、カラダ本来の自己治癒能力を高めて自然に治る。

次は経絡、気、ツボについて説明しながら、解釈しようと思います。

経絡は身体を全包囲した交通網

経絡は気が流れる道です。
鍼灸治療は、経絡をもとにしています。経絡がなかったら、鍼灸もないと言えます。

人体には正経12本と奇経八脈の8本が基幹となって、首都圏エリア交通網を作っています。首都圏エリア外は経脈から枝を出した絡脈、絡脈から枝を出した孫絡があって、正経12本と奇経八脈8本の間を絡んでいます。経絡はあらゆる臓器、皮膚、ほかの組織とつながっています。

経絡が絡み合う所には、大事な作用を持つツボが多いです。例えば関元、中極、三陰交。一つのツボで、様々な経絡・内臓の不調を治せるのは、経絡の交差点があるからです。

「気」は免疫力・自己治癒力

気は経絡に沿って、身体を巡ってるエネルギー(パワー)です。

人間には五臓六腑以外に気があるから、食べ物を消化・吸収する力があるし、体に悪い有毒物質を分解して便・尿とした外に出す力があります。

人間が意識しなくても、「気」は自動的に全身を周り、メンテナンスをしながら体を守っています。

「気」は西洋医学でいう免疫力・自己治癒力の総称で、そのパワーはすごいもの。人間の身体は、素晴らしい免疫力のおかげで、ほぼすべての病気を自分で治せます。人間が病気になるのは、この免疫システムに支障をきたしたから。

人間には素晴らしい自己治癒力があるので、ワクチン・抗生物質に頼るのではなくて、生まれつきの免疫力を強化するのが、健康を守る唯一無二の方法です。

ツボは経絡の要塞

ツボと言うのは、経絡の上で最も反応が良い所、要処。鉄道の分岐器ぶんききみたいなもの

ツボに鍼をすると、体に信号を与えます。
このツボが属している経絡に問題があるよ。
このツボにつながっている臓器に問題があるよ…

信号を受けた体は、自分でシステムを調整して問題がある所を修復します。

また、鍼灸には「補瀉」の概念があり、経絡・五臓六腑の状態をコントロールできます。感染症で炎症起こした時、赤く腫れて痛い場合は瀉法を行って、余分なものを外に出す。重病後に弱った体には補法を行って、気を補うようにします。

針灸は経絡の気を調整し、自己治癒力を働かせることで病気を治す

鍼灸は西洋医学のビタミン剤、抗生物質などと違って、外部から体内に何かを化学薬品を入れるものではありません。鍼灸は生まれつきの自己治癒力を刺激して、体自分が自分を治すようにしているから、「治癒」だとも言います。

以下は代表的な事例。

例1:鍼で風邪の諸症状を治せる理由

西洋医学では、「風邪はウィルスが原因」だと言います。しかし、ウィルスを殺せる薬もないので、風邪に対する有効な治療法もありません。解熱剤、咳止めなどは一部の症状に対する対症療法で、風邪を治すものではない。

西洋医学と違って、鍼は風邪治療で毎回即効性を出しています。以下は一つの鍼治療例。持病のついでに、鼻水・喉の痛みを15分で治しました。

風邪はウィルスが原因だと言うのに、果たして鍼でウィルスを殺せるのか?

この考え方は間違いです。
正しくいうと以下の通り。

鍼でツボを刺激

体に現在の問題点をお知らせ

紊乱状態にあった体の免疫システムは、問題点を気づき

自己治癒力が働いて、ウィルスを没滅する軍隊を派遣

一連の戦いで自己治癒力が勝利

風邪の諸症状が治る

例2:鍼で椎間板ヘルニアを治せる理由

西洋医学では、出っ張っている椎間板が神経を圧迫して、下肢の痛みとしびれが出ると言います。

鍼灸では経絡の流れが詰まったのが原因だといい、分析してから関連のツボで治療します。例えば委中.束骨.風市.環跳など。ツボの選択肢は山ほどあり、その効果はとても良いです。以下は一つの鍼治療例、参考にして下さい。

ツボを刺すことで、出っ張っている骨が戻ると思いますか?

細い針でそんな効果がある訳がないです。
でも、鍼灸では椎間板ヘルニアの痛みとしびれを治せます。
つまり、骨が出っ張っているけど患者さんの辛い症状は治る。

ここで分かりますが、西洋医学の椎間板ヘルニアの理論は間違っています。アメリカの漢方医、鄭智城1先生も治療例で西洋医学の理論が間違っていると指摘しました。詳細はこちら。

治療効果があるのは、何かの科学的根拠がある

いまだに鍼灸は科学的根拠が乏しい、鍼灸はプラセボ効果だと否定する人が多いです。本物の鍼灸を試しもしないで、最初から否定し批判するのは、科学を追求する精神ではないと思います。

論より証拠。
臨床では効果が全て!

中国は数千年の鍼灸症例、数え切れないほどの鍼灸著作を残してくれました。当院の様々な症例からみても、鍼灸の治療効果が病院の薬・手術より優れている。副作用なくて後遺障害もない。

効果がある治療方法は、必ず何かの科学的根拠に基づいています。現代医学が解釈できないのは、レベル不足で解釈できないだけ。いつか、テクノロジーが発展したら、鍼灸の仕組みが解釈できるかも知れません。

皆さん、なにか体調不良があったとき、ぜひ鍼灸治療を試して見てください。あなたはきっと鍼灸の効果に目からウロコのはずです。

(おわり)

  1. 鄭智城先生はアメリカで開業している漢方医。様々な面白い症例があったので、翻訳させていただきました。人物紹介と診療所情報は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外)をご覧ください。

コメント