孫培栄先生の治療例:歯周病、歯が抜ける

この記事は約2分で読めます。

【※本記事は2019-09-20更新しました】

こんにちは。李哲です。

孫培栄先生の鍼灸治療例を翻訳しました。

歯ぐきが腐って、歯が抜けるひどい症状を治した症例です。

鍼治療例①:歯根麻痺で歯が抜けるのが、5回で治癒

李君。

出身地は安徽省。

台湾省台北県で会社員をしている。

その奥さんは29歲なのに、歯根マヒでたまに歯が抜ける。全部の歯が抜ける恐れもありました。

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180717/20180717150326.png?w=1186&ssl=1

中医学、西洋医学とも打つ手がないそうです。

石さんの紹介で1963年1月9日の深夜12時半に、診療所に治療に来ました。

早めに治療しないと、全部の歯が抜けるのは間違いない。

その場で鍼をしました。

合谷穴。下關。太谿。頬車。地倉など。

前後で5回、歯は全部元に戻りました。

鍼治療例②:4回で治った歯が抜ける症状

王 x 芬。女性、40歲。

出身地は江蘇。

住まいは台北市木柵区富山路。

歯が抜ける症状で、全部の歯が抜けそうになりました。

呉君の紹介で、1970年5月4日に治療に来ました。

刺したツボは同じ。

4回で治癒。

李哲の説明:歯の治療で鍼の効果は著しい

孫培栄先生の書いた歯が抜けるのは、おそらく歯根が腐って歯が抜ける事だと思います。重そうな症状ですが、実は鍼での効果は抜群です。

特に下關、頬車など。

いろんな歯の症状で使うツボです。

歯の痛みも治せるし、歯根が腐って歯が抜けるのも治せます。

以下は私の鍼治療例。

歯が痛い、歯がしみる症状を1回で改善し、2回目の鍼で完全に症状が消えた例です。参考にして下さい。

www.li-hari.net

コメント