口が開かなくて餓死になりそうな患者を、4~6回で治した鍼治療例

この記事は約2分で読めます。

【※本記事は2020-04-04更新しました】

こんにちは。李哲です。

孫培栄先生の鍼灸治療例を翻訳しました。参考になると幸いです。

口が開かなくて、餓死になりそうな危篤な患者を6回で治癒

莊君、34歲。

出身は山東、住まいは台北県中和鄉。

1955年の秋、突然と口が開かなくなり、焦って両目まで大きくなって、数日も食べられなくて危険な状態に堕ちいました。

同じ故郷の李君の同伴で治療に来ました。

刺したのは合谷、頬車、下關、人中。

計6回で治癒。

口が開かないのを治せる外関穴
口が開かないのを治せる外関穴

口が開かなくて、9日も食べられてない患者を4回で治癒

林君、65歲。

出身地は台湾、住まいは台湾省台中県清水鎮中山路。

症状は口が開かなくなり、9日間も食べられてないです。

1968年10月15日、娘さんの同伴で治療に来ました。

刺したのは合谷穴、頬車、人中、下關。
計4回で治癒。

李哲の説明

顎関節症も口が開かない病名です。

口が開かなくてご飯が食べられてないと危ないですね、患者さんは餓死になるから。

私の経験からみると、顎関節症などは下關もしくは火主(どちらか一つで良い)を刺せば、その場ですぐ口が大きく開けられます。顎関節症は、何回か刺せば簡単に治る。大げさに手術なんかする必要がない。

口が開かないのは、寒気が関節の中に潜んでいるのが大きな原因です。

鍼だとすぐ寒気を追い出せるので、同じ症状を抱えている方は鍼を試して下さい。

コメント