蓄膿症で鼻がムズムズして痛痒い・頭がぼっとするのを治した鍼灸症例2つ

この記事は約2分で読めます。

こんにちは。李哲です。
台湾の有名な鍼灸医:孫培栄先生の鍼灸症例を翻訳しました。膿がたまる、鼻の奥が痒くて痛い蓄膿症の解決策には手術以外、鍼治療の効果も良いことを知ってもらえると嬉しいです。

症例1:鼻がムズムズして痛痒い蓄膿症は、1ヶ月で治った

孫さん、女性、73歳。
浙江省出身、住所は台北市信義路3段。

数年前から蓄膿症になりました。
症状は透明な鼻水、強烈な匂いの膿が出る。頭頂部が重くて苦しい。鼻奥はムズムズして痛痒い。

民国56年(西暦1967年)5月26日、治療しに来ました。

刺したツボは神庭、上星、通天、内廷、迎香、風池。1ヶ月くらいで完治しました。

症例2:蓄膿症で頭がぼっとするのは、数回の鍼で治った

王さん、女性、57歳。
江蘇省出身、住所は台北県永和鎮永利路。

蓄膿症になったのは1年くらい。

昼も夜も鼻水が口の中に入り、のど奥まで落ちる。強烈なにおいがして、終日頭がぼっとし、両目も開けられない状態です。

民国56年8月14日、治療しに来ました。刺したツボは同じ。数回で完治しました。

李哲の解釈と感想

私も孫培栄先生の知識を勉強してから、真似して以上のツボをよく使います。特に迎香穴の効果はとても良い。以下はアレルギー性鼻炎を1回で治した例、治療には迎香穴一つしか使っていません。参考にしてください。

鼻水が強烈な臭いがなければ、内廷・風池は要らないでしょう。迎香穴だけ刺してみて、効果が低かったら風池を追加します。

最近の花粉症.蓄膿症は病状が頑固な人が多いので、風池はほぼ使っています。迎香穴だけでは力が足りないときがありますね。

日本の漢方薬には鼻淵丸(びえんがん)など、蓄膿症を治す漢方薬があります。自分の体に合うかどうかは、漢方薬局の先生と相談してみて下さい。

上記の鼻水が喉奥に落ちる症状は、私の症例が一つあります。数回で喉奥に落ちる症状は消えましたが、ちょっと不思議な症状でした。

コメント