セミが鳴いてるような耳鳴り、数回の鍼で治った例

この記事は約2分で読めます。

こんにちは、李哲です。
台湾の鍼灸名人、孫培栄先生1の治療例を翻訳しました。耳鳴りに対して鍼の効果は非常に良いです。困っている方、ぜひ鍼治療を試してください。

セミが鳴いてるような耳鳴り、数回で治った

秦君、50歳。
山東省日照県人、住所は台北市博愛路203巷。

セミが鳴いてるような耳鳴りが、3年くらい続いています。たまに我慢できないくらい強く鳴いて、たまには軽くて済む。

民国55年12月20日、治療しに来ました。当時刺したツボは行間、陽補、地五会、風池、足三里、聴宮。

何回か治療して完治しました。

李哲の感想

孫培栄先生の経験では、セミが鳴いてるような耳鳴りは実と虚があるそうです。

耳を手で塞いだ時、
①耳鳴りがひどくなるのは実。
肝胆の火が炎上しているからです。
②耳鳴りが減るのは虚証。肝と腎の陰虚が多い。

上で書いた医案は、実証なので行間。陽補などを使っています。肝と胆の実証を瀉する事ができるので。

私の臨床経験では、実証が少なくて虚証が多い感じ。なので、聴宮.聴会.耳門で十分です。あとは、復溜.腎兪などを追加れば、耳鳴りは徐々に消えます。以下は一つの症例、参考にして下さい。

(おわり)

  1. 孫培栄先生は台湾4大鍼灸名人の一人です。出身は山東省臨沂県。おじさんの銭曽文医師の門下で鍼灸を習い、最終的に台湾でもっとも有名な鍼灸医になりました。孫培栄先生は最期まで40人くらいの弟子を教えました。中で有名な弟子は周左宇、孫宝林、武仲瑛。

    著書としては、『孫培栄鍼灸験案』があります。私も勉強していて、中の治療例を翻訳してアップしたりもします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました