複視(物が二重に見える)が数回で治った孫培栄先生の鍼灸症例

この記事は約2分で読めます。

こんにちは、李哲です。

台湾・孫培栄先生1複視(物が二重に見える)を治した鍼治療例です。目の病気には鍼灸の効果がとてもいいので、ぜひ試してください。

複視(物が二重に見える)、イライラは鍼3回で治った

女性の冯さん、31歳。
山東省出身、住所は台北市水源路。

両目が複視になり物が二重に見えて、イライラと不安が続いている。

宋さんの紹介で、民国54年(西暦1965年)3月2日、治療しに来ました。刺したツボは天柱。養老。頭臨泣。光明。絡却。肝兪。前後3回で完治。

3ヶ月の複視は数回で完治

呉☓華、男の子、9歳。
山東省出身、住所は台北県南港鎮中南街。

複視(物が二重に見える)が3ヶ月も続いてる。
中医学、西洋医学の治療を受けたけど効かないそうです。

民国58年(西暦1969年)2月9日。
李さんの紹介で治療に来ました。

刺したツボは同じ。
数回で完治しました。

李哲の感想

複視の患者さんは、以前の足つぼ整体のとき、1人診たことがあるけど、足つぼ整体でも効果はありました。鍼灸院になってからはまだ診察したことがない。

ピントが合わない患者さんは診たことがありますが、2回目でピントが合うようになりました。

自分の施術経験では、鍼は視力異常を解決するのが得意です。例えば白内障.緑内障など。以下は私の鍼治療例、参考になると幸いです。

視力異常が長年経つと鍼の効果も薄いもしくはないので、異常に気づいたら早めに治療してください。

  1. 孫培栄先生は台湾4大鍼灸名人の一人です。出身は山東省臨沂県。おじさんの銭曽文医師の門下で鍼灸を習い、最終的に台湾でもっとも有名な鍼灸医になりました。孫培栄先生は最期まで40人くらいの弟子を教えました。中で有名な弟子は周左宇、孫宝林、武仲瑛。

    著書としては、『孫培栄鍼灸験案』があります。私も勉強していて、中の治療例を翻訳してアップしたりもします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました