糖尿病の足潰瘍は、きび砂糖の足湯で簡単に治る。脾腫、肝硬変、腎不全の女性、漢方薬飲んでからよく眠れて、たくさん食べられるようになった。

この記事は約8分で読めます。

こんにちは、李哲です。
アメリカの著名な中医学先生:倪海厦(ニハイシャ)先生1の治療例、9-22-05症例を翻訳しました。脾腫、肝硬変、腎不全、糖尿病の足潰瘍(足の壊死)…様々な治療内容があります。また、糖尿病の足潰瘍、傷口が治らなくて腐って行く一方で足の切断をしないといけない時、キビ砂糖で治せることも書かれています。参考になると幸いです。

脾腫、肝硬変、腎不全の女性、漢方薬飲んでからよく眠れて、たくさん食べられるようになった

09/22/2005、大雨。
午後1時半。私がパソコン前に座って、ニュース評論で西洋医学のボロクソを言ってる時に、外側で女性2人が大声で争っているのが聞こえました。何か午後の買い物リストに関して話し合ったみたい。

私の秘書が彼女たちを連れて診察室に入りました。

皆さんは9月13日に来たおばあちゃんを覚えていますか?当時の治療内容は以下の記事で説明しています。

今日来たのはこのおばあちゃん。
おばあちゃんは鮮やかな服を着て、いきいきして目力がありました。おばあちゃんが言うのは、「感覚はとても良い♫漢方薬を飲んでから、たくさん食べたくなるし、食べたあとはよく眠れて、体力もすごい増えた今日の診察が終わったら、娘と一緒にショッピングに行く♫」

皆さん、私の女性に対する判断を信じてください。
女性が喜んでショッピングしたいと言った時は、体が健康に戻った時です。」

▼李哲の説明:
「健康」というのは、曖昧な表現ではなくて、具体的な指標があります。中医学理論の定義で、健康な人は以下の6つの自覚症状が揃えるはず。もし1個でもダメだったら、あなたは不健康・治療が必要だと診断します。

簡単健康チェック6項目で、毎日自分の健康状態が分かる【中医学の理論】

おばあちゃんは漢方薬を10日間飲んで、毎日回復してるところ。現在は顔色が良くて話し声も大きい。おばあちゃんは喜んで私をハグして話しました。「今は死んでも西洋薬を飲まない!漢方薬がこんなに良い物とは想像もしてなかった!今日はさすがに自分の身で経験した!」

おばあちゃんは、もう漢方薬の苦さが気にならなくなって、会う人会う人に中医学の素晴らしさを宣伝しているそうです。

治療が成功したのは、当時の脈診と症状が合っていたからです。そして、運命的にも死ぬ時でなかった。節分がまだ冬季に入ってないので、私たちには救うチャンスがありました

当時の私も確信がなかったです。
しかし、今見ると漢方薬の力は本当にびっくり。最後の一撃は成功したのです。

▼李哲の説明:
中医学治療は節分を大事にしています。なぜなら、人間の体内のリズムは自然と同期しているからです。病気がいつ治るか、いつ悪化するか、節分を見れば分かります。以下はもう一つ節分に関する症例、参考になると幸いです。

肝硬変の腹水、吐血、大小便が出ない、食欲不振が治った患者。西洋医学の先生すら、肝臓がんは漢方が良いと薦めた

関節リウマチの痛みは4週間で治り、変形した指関節まで正常になった

昨日来た一人の女性、嬉しそうに両手を私に見せました。漢方薬を4週間飲んで、左手の関節リウマチの痛みは完全に消えて、変形した指関節までほぼ正常になってました今残っているのは、右手の二番目の指関節が少し腫れているだけ。

関節リウマチで鎮痛剤:セレブレックス(Celebrax)を飲むと、その代価は心弁膜症と腎不全(つまり、人工透析になる)

私が彼女に処方したのは1000年前の漢方薬だけど、今でも効果抜群です。クラシック処方だとも言えます。ただし、この処方はとても強いので、中医学先生の指導がないとダメ。誰でも気軽に買える漢方薬ではありません。

▼李哲の補足説明:
副作用で心弁膜症を引き起こすのは、セレブレックス(Celebrax)だけではありません。高血圧の薬も、心臓を壊すので心弁膜症を引き起こします。以下は一つの症例、参考にしてください。

血圧を下げる薬の副作用で心弁膜症・前立腺肥大になり、最後は前立腺がんの疑いがあると言われた患者

腎臓病患者、完全に回復して病院の先生もビックリ

前回話した腎臓病の患者さんが昨日また来ました。彼の主治医(西洋医学の先生)までびっくりして、彼に話したそうです。「もう来なくても良いです。あなたの腎臓はとても良いから」

この患者さんは運が良くて、良心的な西洋医学の先生に出会ったから良かったです。

もし台湾で治療したら結果は違う。台湾の西洋医学の先生は最初から中医学を否定し、自分が治せないのを知っているくせに、中医学の治療をすすめません。患者さんが西洋薬の副作用で人工透析になっても、中医学の良さを話しません。本当に憎らしいです。

もっとひどいのは、自分自身が中医学の先生なのに、西洋薬を信じて飲んだ結果人工透析になり、原因を漢方薬のせいにする人がいる。このような中医学の先生は、家に帰ってよく勉強してください。反省しないとダメです。

腎不全の患者さんは、私の診療所で数多くて数え切れません。みんな西洋薬の飲み過ぎて腎不全になり、最後は人工透析。運が良い人は私に出会って、地獄の入り口で捕まって来て、人工透析の苦しみから逃れることができています。

李哲の説明:
西洋医学の人工透析は治療方法ではなくて、延命処置です。人工透析で腎不全は治りません!もし治したいなら、ほかの治療法を探すべきです。もっとも強力なのは漢方薬。その次は鍼灸。以下は一つの症例、参考になると幸いです。

腎不全、漢方薬治療が人工透析よりも良くて病院の先生が驚いた。治療で死んだ人から教訓を得て、抗がん剤を拒否する乳がん患者。

糖尿病の足潰瘍は、足の切断術があるとアピールするデタラメ先生

今日、私はまた台湾慈済病院の副院長がテレビで、西洋医学のメリットをアピールしているのを見ました。

彼が上げた例は糖尿病。
「足をけがして膿が治らない時、切断手術があるよ」と自慢話してました。

反対側の足の膿が治らないとき、また切断手術をすすめるでしょう?結局患者さんは、最後死ぬしかない。このデタラメ医師は、切断手術が当たり前だと言っている

昔の台湾大統領:蔣経国さんが、足の切断を何度も繰り返し、最終的に亡くなりました。それなのに、このデタラメ副院長は教訓を得てない。言いたい放題で、西洋医学の良さをアピールしています。

▼李哲の補足説明:
糖尿病で足を切断するのは、西洋医学でよくあることです。しかし、漢方薬治療を受けると足の切断しなくても済みます。以下は一つの症例、参考になると幸いです。

手足が暖かくなり、背中の痛みが消えた骨癌患者。足の感覚が治り、切断も要らなくなった糖尿病患者。インスリン注射止めたら、1年で35kgダイエットした患者。

糖尿病の足潰瘍・足の壊疽は、きび砂糖湯で簡単に治る

糖尿病患者さんの足がケガして傷口が治らない時、私の治療方法はとても簡単。

漢方薬を飲ませる以外に、患者さんに足湯を作らせます。

きび砂糖をお湯に溶かし、膿がたまった足を入れると、患者さん自分でも見えるくらい、膿が傷口から火山みたいに噴出してきます。

食べるだけではなくて、病気も治せるキビ砂糖

膿がたまって、どす黒くなった足は、きび砂糖の足湯で徐々に赤くなり、ピンク色に戻って足指まで感覚が戻る。ただのきび砂糖一品、しかも足湯につけるだけで、西洋医学よりも治療効果が良いです。患者さんは切断手術すらいらない。

足をケガして膿が治らないは、早めに中医学の先生に診てもらってください。両足を切断しなくて済みます。

中医学を信じない方、中医学を差別してる方。
私はアイムソーリーしか言えない。
病気を治す漢方薬はあるけど、あなたを治せる薬はない。 

李哲の解釈と感想

本当の関節リウマチを治す生薬は、欠かせないものがあります。

トリカブトの根本:烏頭(ウズ)

烏頭(ウズ)は劇毒の生薬、日本での購入は困難で、処方する漢方医はほぼいません。劇毒のウズを特別に加工して使えば、難病の関節リウマチも副作用なしで治せるのに、肝不全・腎不全にさせる鎮痛剤を飲むしかない患者さんたちは可愛そう…烏頭のもっと詳しい説明は、以下の記事が参考になると思います。

足潰瘍、足の壊疽は糖尿病の合併症だと言われてますが、薬を使わなかったらなりません。つまり、足潰瘍・足の壊疽は薬・インスリン注射の副作用。

糖尿病の合併症に対して、漢方薬はもちろん効果てきめんです。ニハイシャ先生は上記でもっと簡単な治療法を教えました。みなさん、ぜひ覚えて使ってください。足潰瘍・足の壊疽で切断しなくて済みます。

糖尿病に関して、西洋医学は死ぬまで血糖値を下げる薬を飲むか、もしくはインスリン注射です。つまり、治す方法がありません。

ところで、漢方薬・鍼灸は五臓六腑を修復することで完治ができます。一番レベルが低い足ツボ.整体ですら、西洋薬より全然良い結果が出せます。

以前、インスリン注射をしている患者さんを治療した事があります。彼女が言うのは「足つぼ整体を受けたほうが、インスリン注射する時よりも数値が良いです!」

死ぬまで薬を飲み続けるか、インスリン注射を続けるか、漢方薬・鍼灸などで治すか、自分で選んでください。

(おわり)

  1. 倪海厦(ニハイシャ)先生(1954—2012)はアメリカの著名な中医学先生。漢方・鍼灸・風水・占いに精通した天才。「傷寒雑病論」をもとに様々な癌・指定難病を治し、LAST HOPE(最後の希望)だと患者さんに言われました。また、臨床治療を行いながら、たくさんの優秀な中医学先生を育成し、中医学伝授のために努めました。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介しますで詳しく書きましたので、よかったらご覧ください。

    ↩︎

コメント