西洋医学の治療で肝硬変、脾腫、腎不全になり、ステロイドの副作用で肺が石灰化した女性

この記事は約2分で読めます。

こんにちは、李哲です。
アメリカの著名な中医師、倪海厦(ニハイシャ)先生1の症例、2005-9-13治療日記を翻訳しました。病院の治療で死ぬ寸前になった可哀想な患者の例です。教訓にしてもらう事を願います。


2005年9月13日、晴れ。
75歳の女性患者。1年前、酸素ポンプを背負って診察に来たことがあったけど、漢方が苦くて治療を止めました。現在は危篤な状態。

以下は漢方薬を止めて、西洋医学の1年間の治療を受けた結果。

  1. 肝硬変症。
  2. 脾腫(脾臓の腫大)。
  3. 腎不全(そろそろ人工透析になる)。

彼女の肺の持病は、ステロイド剤の副作用で肺が石灰化 。現在は弱い心臓で、辛うじて余喘を保つ状態。

▼李哲の補足説明:
ステロイド剤の副作用はたくさんあります。以下はもう一つの症例、なんとステロイドでひどいうつ病になったのです。幸いにも漢方薬で著しく改善。 

ステロイド剤の副作用でうつ病になり、極度の倦怠感と眠気で何もできない、鼻水が喉に落ちる、眉毛の骨が痛い女性は、数回の漢方薬で治った

アメリカで、一般の中医学先生このような重症患者を診たら、きっと病院に送るでしょう。病院の治療でこんな状態になったのに、また「病院に行きなさい!」と言ったら、患者は死ぬ道しかありません。

中医学と西洋医学の間でたらい回しされ、結局最後はここに戻る。

彼女は治る可能性があるのか?
正直難しいです。

現在は秋、心臓にとても良くない季節です。しかも、患者はまったく気力がなくて、とても寒がりで分厚いダウンまで着ている。治せる可能性が少ないけど、一所懸命やってみるしかありません。

▼李哲の補足説明:
中医学は節分・季節と関連性がある医学です。患者はいつ危篤状態に陥り、いつ回復しやすいのか、最初から知っているのです。以下の記事でも、詳しい説明があります。どうぞ参考にしてください。

舌がんの原因は心臓が弱すぎ。腫瘍が黄色いのは、「三焦」の属性が黄色だからです。舌がんが治る時期は「立夏」。

患者の娘のご主人は、もう何人紹介してきたか知りません。どんなに重症でもみんな良くなったから、ご主人はとても自信満々になっていたのです。

もし75歳の患者さんが、1年前から漢方を飲んだら、ここまで悪化したでしょうか?

本当に嘆くしかないです。 
彼女の治療が失敗したら、漢方がまずいから治療を止めた自分のせいにするしかないです。

▼李哲の補足説明:
幸いにも患者は継続する治療で改善されました。以下の記事で詳細が書かれてあります。どうぞご覧下さい。

  1. 倪海厦(ニハイシャ)先生(1954—2012)はアメリカの著名な中医学先生。漢方・鍼灸・風水・占いに精通した天才。「傷寒雑病論」をもとに様々な癌・指定難病を治し、LAST HOPE(最後の希望)だと患者さんに言われました。また、臨床治療を行いながら、たくさんの優秀な中医学先生を育成し、中医学伝授のために努めました。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介しますで詳しく書きましたので、よかったらご覧ください。

    ↩︎

コメント