食欲が増えて両足の冷えが治り、体力が回復した肺がん患者。1週間で子宮筋腫がほとんど消えて、便通が良くなり、冷え性が治った女性。

この記事は約4分で読めます。

こんにちは、李哲です。
アメリカの著名な中医師、倪海厦(ニハイシャ)先生12005-5-31の治療例を翻訳しました。

肺がんと子宮筋腫の治療内容が書かれています。特に1週間で子宮筋腫がほとんど消えた例は、私が見てもビックリします。鍼治療では1週間で消えるなんて、無理ですから。さすが!としか言えません。

肺がんと子宮筋腫の治療方法で悩んでいる方は、ぜひ漢方薬も試してください。有能な先生を探せばきっと治ります。

仰向けで寝られるようになり、食欲が増えて両足の冷えが治り、体力が回復した肺がん患者

05/31/2005、雨。

今日、二人の癌患者が再診に来ました。5月23日に書いた二人です。当時の治療内容は以下をご覧ください。

一人目はプエルトリコ人。

彼は漢方を1週間飲んでから、明日からの抗がん剤予約を取り消して、漢方薬治療を続けると決めました。なぜなら、最初来た時、私は「漢方を1週間飲んで変化がなかったら、治療を止めて良い」と話したからです。

彼は最初の1杯目の漢方を飲んでから、漢方の力が右肺の下まで行くのが分かるそうです。その場所が、ちょうど西洋医学の検査で分かった癌の病巣。

ほかの症状の変化は、漢方を飲んでからたくさんの痰が出て、便通はとても良くなり、今は仰向けで寝られる。食欲はたくさん増えて、両足も暖かくなり、体力もかなり回復。

彼の舌を見たら、最初両側にあった黄色くてネバネバする物が全部治りました。いろんな変化があったから、彼は慌てて再診察に来たのです。「抗がん剤を続くと、私は二度と治療しない」と私が言ったのも原因でした。

このような患者さんは、西洋医学の治療さえしなければ、傷寒雑病論しょうかんざつびょうろんの処方ですごく良い効果が出ます。しかし、一旦西洋医学の治療が入ると、すぐ危篤な状態に陥る。

彼は今日「手の骨が痛い」と言ってました。なぜなら、骨の上に癌ができて、石みたいに硬いからです。彼はまだ状況が良くない「厥陰症」段階にあります。もし、治療して「陽明症」の症状が出れば、完全に救って来られる。

李哲の説明:
骨癌はあまり見当たらない病気ですが、漢方薬治療で良くなった例はいくつもあります。以下はニハイシャ先生の症例、参考になると幸いです。

骨癌は1杯目の漢方薬で手足が暖かくなり、背中の痛みが消えた。糖尿病が完治して、足の切断も要らなくなった…などの漢方薬治療例

正統派の中医学理論は非常に明確です。
患者さんが今どの段階で、治療中にどういう変化が出るかを最初から予測できる。

上記の患者さんを、アメリカの一般中医師に渡すと結果が違うかも知れません。一般の中医師は、「癌は西洋医学の治療がメインで、中医学は補助なやり方」だと言います。結果的に、患者さんは漢方薬飲んでも死ぬ。

▼李哲の補足説明:
無知なくせに漢方薬飲んでも効果がない時、漢方薬のせいにする患者もいます。以下の記事に出ている大腸がん患者がそうです。ニハイシャ先生に聞けば有効な処方箋をもらえるのに、自分勝手に処方し、効果がないから最終的に手術・抗がん剤を受けて死にました。

「天仙液」は癌治療に効かない!大腸がんは死ぬ病気でない。しかし、病院の治療を受けると致命的な肝臓がんになる!

1週間で子宮筋腫がほとんど消えて、便通が良くなり、冷え性が治った女性

二人目の患者さんは、50歳の女性。
今日で2回目の診察です。

彼女は診療所に入って私を見た時、明るく笑いました。このような笑い、私は何回見たかも知れません。

お腹の腫瘍は、触診では分からないくらいまで小さくなって、少しだけ圧迫感がある便通は良くなり、両足も暖かくなって、体力が回復。

「1週間しか飲んでないのに、こんなに変わるなんて!」と彼女は驚いてました。

彼女の質問は、ほかの患者さんからも聞かれる内容でした。
「このような漢方薬は、先生しか使わないですか?他の漢方医も使ってますか?」

私は顔が赤くなって、英語で答えました。
「中国人ならみんな使ってます。大した処方ではありません。」

傷寒雑病論しょうかんざつびょうろんの処方は、みんな一発で的中。
これは傷寒雑病論しょうかんざつびょうろんの処方が正しい事を証明します。(ダメな中医学の先生を叱るところは省略)

李哲の補足説明:
傷寒雑病論しょうかんざつびょうろんの処方をよく使う先生を「経方派」だと呼びます。もっと詳しい説明は、以下の記事をご覧ください。

漢方が効かない原因は、「温病派」処方かも知れない。「経方派」と「温病派」の処方箋の違いを詳しく説明します。

毎日患者さんが多くて大変。
他にもたくさんの書いてない患者さんがいます。以上の二人は感慨深くて書いた例です。

私はただ傷寒雑病論しょうかんざつびょうろんの処方を使っただけなのに、1週間で著しく改善。傷寒雑病論しょうかんざつびょうろんの処方は、中国1000年以上の臨床効果で検証された聖人・先輩たちの知恵の結晶です。

私はこんな知識を途絶えさせません。
必ずたくさんの学生さんを育てて、もっとたくさんの患者さんを救えるようにします。

(おわり)

  1. 倪海厦(ニハイシャ)先生(1954—2012)はアメリカの著名な中医学先生。漢方・鍼灸・風水・占いに精通した天才。全世界で「傷寒雑病論」をもとに様々な癌・指定難病を治し、LAST HOPE(最後の希望)だと患者さんに言われました。また、臨床治療を行いながら、たくさんの優秀な中医学先生を育てた先生でもあります。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介しますで詳しく書きましたので、よかったらご覧ください。

     

コメント