甘いお茶で、すい臓がんになった女性、抗がん剤のせいで癌が全身に広がり、余命3ヶ月だと言われた

この記事は約5分で読めます。

【※本記事は2021-04-23更新しました】

 

こんにちは、李哲です。
アメリカの著名な中医学先生:倪海厦(ニハイシャ)先生*1の治療例を翻訳しました。中国語本文のリンク先は、

故事篇專講案例給大家聽(漢唐中醫倪海廈撰寫)

翻訳文

05/12/2005。晴れ。

58歳の白人女性。すい臓がんです。

 

彼女が言うのは、「去年12月から胃の膨満感があり、お腹が縛られたように痛かったです。当時の検査結果は胃腸炎。検査した3日後に全身の黄疸が起きて、再検査したら”すい臓がん”だと言われ、抗がん剤を7クールやりました」

 

抗がん剤の治療結果は、がん細胞が全身に拡散。そして、西洋医学はやっと「もう治療法がありません。余命3か月です」と宣告。

 

一般的に西洋医学の余命宣告は、とても正確です。なぜなら、彼らは毎日患者を殺してるから、余命何ヶ月かを分かるのは当たり前。

 

▼李哲の補足説明:

西洋医学で余命宣告された患者が、漢方で治った例はザラです。以下は一つの症例、参考にしてください。

www.li-hari.net

 


 

患者さんが私の診療所に来た時の症状は、

  • 全身の薄暗い黄疸
  • 便秘
  • 食欲がまったく無い
  • 手足が氷みたいに冷たい
  • 不眠症
  • 口はとても乾く
  • 体はすごく痩せている
  • 抗がん剤を受けたから髪はもちろん抜けている

毎回、このようは患者を診た時、私は怒りまくってます。西洋医学は最初から治せないのを知っていながらも、無理やり治そうとしてる。結果はがん細胞がすぐ全身に拡散してます。

 

つまり、西洋医学の治療で患者の死期はどんどん早まる。しかも、彼らの宣告した余命通りの日にちで死ぬ。

 

このような病気、最初から中医学に任せたら何の難しさがありますか?

 

▼李哲の補足説明:

以下はすい臓がんの諸症状を治した例、参考になると幸いです。

www.li-hari.net

 


 

西洋医学は今になっても、すい臓がんの原因が分かりません。患者も、なぜ自分がすい臓がんになったか知らない。

 

すい臓がんの本当の原因は、中医学の説明を聞いて見てください。

 

中医学理論では、すい臓は脾臓に属しています。

脾臓の本色は、黄色。

陰陽五行論で脾臓は土で、甘味が脾臓に入ります。

現在の市販の甘いものは、みんな人工砂糖・人工甘味料で作られたもの。人工甘味料・人工砂糖は甘いけど、実際には極端な酸性の物質。甘党さんに胃酸逆流の問題があるのは、甘いものが原因です。

 

人口甘味料・人工砂糖が体内に入ると、体は「甘い物」だと判断して、直接脾臓とすい臓のところに送ります。結局、酸性の物質がたくさんすい臓に残る。このような酸性の物質は、腐った食物と同じ。だから、致命的な傷害を引き起こします。

 

もし、甘い物が自然なきび砂糖などで作られたら問題がありません。

 

サトウキビはアルカリ性なので、逆流性食道炎にならない。

サトウキビはアルカリ性なので、逆流性食道炎にならない。

 

コーヒーも極端な酸性の物質。

だから、すい臓癌になります。

 

それ以外に、たくさんの西洋のビタミン剤も酸性の物。

このようなゴミは、みんなすい臓癌の主な原因。

 

上記の女性は、毎朝甘いお茶を飲むのが習慣でした。だから、すい臓癌になったのです。

 

▼李哲の補足説明:

コーヒー、病院の薬、甘い物などですい臓がんになった患者は、ほかにもいます。ニハイシャ先生のもう一つの記事、どうぞご覧ください。

www.li-hari.net

 


 

抗がん剤を受けてない患者は、中医学治療だと4週間で効果が分かります。しかし、西洋医学の治療が介入した時は違う。

 

西洋医学は、すい臓を治した例がありません。それでも、無理やり治療しようとしてる。最初から彼らは治療できないのを知っています。どうせ患者は死ぬし、だから死ぬ前にたっぷり金を取ろうとしている。

 

可哀想なのは患者さんです。

本来なら死なない病気なのに、西洋医学を迷信した代償は命を落としています。

 

▼李哲の補足説明:

西洋医学の治療でひどい副作用・病気をもらった患者はいっぱいいます。高血圧症の薬がその中の一つ。ニハイシャ先生の症例に書いてあるので、どうぞ参考にしてください。

www.li-hari.net

 


 

私は全力で彼女を救ってくるつもりです。

私は彼女に言いました。

 「三回チャンスを下さい。三回の処方を出す、つまり三週間だけの治療をしてみます。なんの効果も出なかったら、ほかのお医者さんに診てもらって下さい」

 

私は普通の漢方医です。

もし自分が治せないのが分かったら、絶対患者のお金と時間を無駄にしません。処方は私が保留するけど、将来の「人紀」生徒たちには教えます。

 

 

 

皆さん、もし親族にすい臓がんの方がいたら、絶対西洋医学の治療を受けさせないで下さい。病院の治療を始めたら、死ぬ道しかありません!

 

何も治療しないで、うまい漢方医に診てもらうと完治する可能性が高いです。

 

病院で「すい臓がん」だと診断されたら、余命は最大6ヶ月。

だから、慎重に治療を選択して下さい。

選択肢を間違えたら、また一人の命がなくなります。

*1:倪海厦(ニハイシャ)先生の紹介文は、リンク先記事をご覧ください。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介します

コメント