妊娠中の逆子は、中医学で簡単に治せる。(2018-03-24修正)

この記事は約2分で読めます。

こんばんは。李哲です。

ちょうど時間が空いたので、簡単な記事を書きます。

ある妊婦さんからこんな心配がありました。

妊娠途中で逆子になったらどうしよう?

彼女の心配は、
確かに存在するものです。

私も何人かが出産前に逆子で、仕方なくて帝王切開手術をやった話を聞きました。

最初から切りたい方はいないと思います。

皆さんは中医学知識がないから、帝王切開しかないと思っているのではないでしょうか?

実は中医学では簡単に逆子を治せるのです。

一つのツボにお灸をすれば、次の日には正常になります。

ツボの名前は至陰

https://i1.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180605/20180605185854.jpg?w=1186&ssl=1

 

You Tubeにたくさん動画ありますので、ご自身で検索してみてください。

以下は少し長い特別にお灸する中国語動画。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain


張孟超醫師-線灸療法(至陰三穴)-產前轉胎法(胎位不正)

妊娠途中でどんなことがあっても、中医学は解決方法があります。だから、簡単にメスを入れないでください

中医学の治療を試してみて、ダメだったら手術してもいいじゃないですか?

お腹は1回開けるだけで体内の気(エネルギー)が抜けるから、中医学ではやむを得ずの場合以外、手術はすごく反対してます。

妊娠途中でのつわりなどは、以下の記事を参考してください。役に立てば光栄です。

 

コメント