アバスチン(ベバシズマブ)は乳がん治療に効かない、高血圧・出血・心不全の恐れがあるので米FDAは市場撤回を命じた

この記事は約2分で読めます。
抗がん剤には様々な副作用が隠されている

抗がん剤には様々な副作用が隠されている

こんにちは。李哲です。
倪海厦(ニハイシャ)先生1のニュース評論を伝えます。
乳がん・大腸がんなど幅広く使われている「アバスチン(ベバシズマブ)」には、様々な致命的な副作用があることを知ってください。

李哲の説明:
日本語関連の記事があったので貼ります。参考にして下さい。

FDAがベバシズマブの乳癌適応取り消しを決定

(AFPワシントン16日電)
米国FDAは今日、抗がん剤「アバスチン(ベバシズマブ)」は乳癌治療での無効を示し、市場から撤去するように命じた。
ニハイシャ先生のコメント:
上場する前は、なんで無効であることに気づいてないか?製薬会社が事実を隠して、捏造データでFDAを騙しているからです。
FDAの話では、アバスチン(ベバシズマブ)は高いリスクがある。
例えば高血圧と出血。
しかも乳癌の治療で生存期間を延ばすことはできない。
ニハイシャ先生のコメント:
生存率を高めることができないところか、致命的な副作用まである!
 
欧州の専門家は、アバスチンは単独に使うのではなくて、ほかの化学療法と一緒に使うべきである。
ニハイシャ先生のコメント:
いわゆる欧州専門家は、みんな製薬会社に雇われている研究員です。
 
FDAが話したリスクには、「鼻、胃腸に穴が空く、心臓病もしくは心不全」もある。
ニハイシャ先生のコメント:
心臓病或いは心不全は、死亡ではないですか?
しかし、アバスチンはまだほかの適応症がある。結腸癌と肺がんの治療では影響がないそうだ。
ニハイシャ先生のコメント:
続けて使うと、患者は心臓病で即死するだけ!
訳者:中央社 戴雅真

ニハイシャ先生評論

製薬会社は最初から過大宣伝した資料でFDAを騙し、許可が下りてからまた副作用が見つかって市場から撤去される。こういう事件は、もう何回目ですか?
私は前から皆さんに話しかけてます。
最先端抗がん剤で癌は治りません。
治るところか、恐ろしい致命的な副作用があります。
その副作用の一つとして、死亡!
台湾政府は、すでに製薬会社の糸あやつり人形になってる。
台湾の民衆はかわいそう。
治療で死ぬか生きるかは、運に頼るしかないです。
李哲の説明:
癌に関して、ニハイシャ先生は論文をたくさん書きました。以下は一つ、参考になると幸いです。

乳がんとほかの癌の関係:癌の源はみんな同じである

  1. 倪海厦(ニハイシャ)先生(1954—2012)はアメリカの著名な中医学先生。漢方・鍼灸・風水・占いに精通した天才。全世界で「傷寒雑病論」をもとに様々な癌・指定難病を治し、LAST HOPE(最後の希望)だと患者さんに言われました。また、臨床治療を行いながら、たくさんの優秀な中医学先生を育てた先生でもあります。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介しますで詳しく書きましたので、よかったらご覧ください。

     

コメント