肥満症の6つの原因。西洋薬、特にインスリン注射は肥満症を作り出す元凶!

この記事は約4分で読めます。

こんにちは、李哲です。
倪海厦(ニハイシャ)先生1の文章を翻訳しました。肥満症を引き起こすのは、ファーストフード文化だけではない。西洋薬も体重を増やします。また、肥満症になると自然に糖尿病・高血圧症・心臓疾患も訪ねてくる。

なぜアメリカ人は糖尿病・高血圧・心臓疾患の患者が多いのか?皆さんは彼らの食べ物を見れば分かります。

ファーストフードが、アメリカ人の肥満症を生み出している

肥満症になるのは簡単。
昔は生活が貧しくて食べ物が少ないから、肥満症の患者が少なかったです。現代はなんでも便利になり、畑作業をしなくても、食べる物がいっぱいあるようになりました。

農村の重労働はすべて機械に変わり、会社に勤める人が増え、毎日座りっぱなし、頭を使うのが肉体労働より多い、運動が少ない、美味しい食べ物がどんどん発売される。これで太らないわけがないです。

マクドナルドなどのファーストフードが流行ったのは、アメリカ人が肥満症になったきっかけ

肥満症の原因の一つ、ファーストフード

肥満症の原因の一つ、ファーストフード

ファーストフードは、どんどん怠け者を作り出します。
怠け者は食べ物が美味しくて、早く出来上がればいいと思う。そして、食品会社も売るために食品を簡単にして、人口添加物で鮮度を保つ。

昔ながらの粗末な食事には体に必要な栄養が足りないから、栄養学の専門家はまた「ビタミン剤で栄養不足を防ぎましょう」と言うのです。

ファーストフードではなくて、質がいい食べ物を探すべき

中国の皆さん、よく考えてください。
中国の文化は5000年以上です。

中国人は食べることに関して世界一です。
栄養.味.色。
足りないのはありません。
マクドナルドにはまる思考は、どういう思考回路?

私たちは質がいい食べ物を探すべきで、早く出来上がる食べ物を探すのは間違いです。

肥満症になるための6条

以上のことで分かりますが、以下の項目とおりにすれば、肥満症になりたい夢は必ず実現します。

1.ファーストフードをたくさん食べる。

2.運動しない。

3.夜中にたくさん食べる。 

4.ビタミン剤などのサプリをたくさん飲む。

5.病気になったら抗生物質、痛くなったら鎮痛剤!

6.コーラ、コーヒーをたくさん飲んで、お茶とお白湯は飲まない。

肥満症に次いで訪れるのは高血圧、糖尿病、心臓疾患

私のアドバイスとおりにやれば、必ずすぐ太ります。
太くなると過度な体重の負担で、高血圧.糖尿病.心臓疾患が自然に尋ねてきます。そして、西洋医学の先生の言いなりになって、薬で死ぬまで数値をコントロール。

いったん、インシュリンを使うと体重は一直線で上がります。

高血圧の薬は心臓によくない。同時に高血圧の薬は利尿剤だから、体に必要な水分まで全部外に出して、血管が破裂して出血しやすくなる。

人々の無知。
西洋医学の金!金!金!の目的。
こうして始まったのは、国民を絶滅させる合法的な略奪と戦争。

西洋薬、特にインスリンは肥満症を作り出す元凶

私の診療所に来る患者は、高血圧と糖尿病の患者が多いです。最初、私はダイエット用の処方を出します。患者の体重が減ると血糖値.血圧も自然に下がります。血圧.血糖値を下げる漢方は使ってもないのに、効果は非常に良い。

現在あるほぼ全ての西洋薬は、みんな体重を増やします。特にインシュリン!

糖尿病患者は私の要求で、インスリン注射を止めるとみんな体重が下がります。上がる人はいません。

前に話したことがあります。
世の中には長生きのデブちゃんはいない。
デブちゃんはみんな早死。

一旦、あなたがインスリン注射を始めたら早死の始まり!

患者は怖がらず、先生に質問をすべき

私たちは賢くならないとダメです。
なになに病だと言われても、怖がらないでください。

逆に質問した方がいいです。
なぜこの病気になったでしょう?

質問してみれば分かりますが、知っている先生はほとんどいません。

頭がいい人は、いい先生を見つけて、本当の原因を探して根本から治します。頭が悪い人はまな板の上の鯉になり、処方する先生すら副作用が分からない薬をバンバン飲む。

結果はどうなるかは、分かっているはず。

  1. 倪海厦(ニハイシャ)先生(1954—2012)はアメリカの著名な中医学先生。漢方・鍼灸・風水・占いに精通した天才。全世界で「傷寒雑病論」をもとに様々な癌・指定難病を治し、LAST HOPE(最後の希望)だと患者さんに言われました。また、臨床治療を行いながら、たくさんの優秀な中医学先生を育てた先生でもあります。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介しますで詳しく書きましたので、よかったらご覧ください。

     

コメント