頭が重い、微熱が続くのが1回の足つぼ整体で治った例

この記事は約2分で読めます。

こんにちは、李哲です。

不眠症男性の頭が重い、微熱が続く症状を1回の足つぼ整体で治った例を紹介します。

彼の症状は、布団に入ってもなかなか眠れない。10年前から不眠症に困って、ずっと睡眠薬:ロヒプノールで睡眠をとっている 

ほかの症状は、

  • すごいイライラしやすい
  • 半年前から急に夕方になると微熱が始まり、微熱とともに全身に汗をかく
f:id:li-hari:20180808193123j:plain

微熱が続くともに全身に汗をかく

見た目の感じは、顔が少し黒くてつやがない。顔の表情が硬くて、もうろうしていました。これはもう肝臓に、すごい負担かけている事を示します。仕事で疲れすぎたのも関係あるし、ロヒプノールの副作用でもあります。 

足ツボ整体を一時間が終わって漢方茶を飲むとき、彼は教えてくれました。
「顔の筋肉が緩んで、微熱が下がりました。さっきまで頭が重くて、足が軽かったけど、今は逆になりました!」 

これはいいスタートですね。
正常な人だったら、頭は重くないです。何回か続けてやれば、頭が重いのは完全に消えて、睡眠薬飲まなくても寝れるようになります。

ただし、仕事の過労はだめですね。体が完全に復活するまでには、発作する可能性があります。

彼の上下が逆になったのは、働きすぎと仕事の怒りで気が上がって、足のほうに下がらないからです。

西洋医学の言葉で言うと、交感神経の働きすぎ。交感神経唯一で副交感神経が働かないと、人はリラックスできません。リラックスできないともちろん眠れません。

いつもテンションが高い人は、自分をリラックスさせる方法を探してください。テンションが高いだけで静かになれないと、バランス崩れて病気になります。いわゆる躁うつ病、多動児(ADHD)などは体表的な病名。

(おわり)

コメント