乳がんのしこりは、約24回の鍼治療で小さくなった。楽観的な性格は、癌の諸症状を緩和する大事な要素!

この記事は約3分で読めます。

こんにちは。李哲です。
1年で約20回の鍼治療で、乳癌のしこりが小さくなった女性の例です。

一人40代の女性。
だいたい2週間に1回来る方です。

2017年の年末、彼女から聞いたのは「乳がんのシコリ(腫瘍)が減りました。どのくらい小さくなったかは、精密機械で計ってないので分かりません。あくまでも彼女の体感です。

去年のカルテを見たら、その時彼女が言う乳癌のサイズは3~4㎝

この1年で彼女が通ったのは24回です(2週間に1回)
腫瘍の場所はちょうど左の心包経にあったので、治療としてはいつも右の内関穴と大陵穴だけを刺しました。

毎回、彼女の主訴は乳がんの腫瘍がメインではなかったので、子宮筋腫と首肩コリと腰痛、あとは鼻の調子(花粉症の鼻水)を対象にしました。予想外に乳癌のしこりも小さくなり、私も聞いて嬉しかったです。

彼女の花粉症の鼻水が止まらないのは、治療記録があります。以下の記事、どうぞご参考に。

今まで何人か乳がんの患者さんを診たけど、彼女は乳がん治療に集中してないのに、逆に効果がいいケースです。

なぜ彼女は特別に効果が良いのか。

最大の原因は性格です。

彼女の性格をまとめると、

  • おおらかで楽観的
  • 病院の先生の言いなりにならない

彼女が乳癌を話題にしたのは、1年前の初診日と1年後の今日です。その間は、乳癌の状況がどうなったかを一切話してない。

毎回彼女が旅行先で出会った面白くいネタで、ふたりとも大笑いです。治療に来たのか、お笑いに来たのか、よく分からない状況(笑)

痛い施術と言うより爆笑タイム

痛い施術と言うより爆笑タイム

私が尊敬するニハイシャ先生は、乳癌の論文で言いました。
「恨み、悪口などは止めましょう!」 

なぜなら、気持ちの持ち方は、心臓に直接な影響があり、長期的なストレスは乳癌の元になるから。詳しい説明は以下の記事をご覧ください。

乳がんの治療は難しくないです。
時間をかければ、徐々にシコリが小さくなります。

私が一番困るのは、患者さんがずっと乳がんを気にしている事

誰が乳がんで死んだニュースを聞いたら、その夜から「自分ももうすぐ死ぬんじゃないかな?」と怖くなり、その夜から不眠症になる。

ちょっと痛くなったりすると、すぐ「乳がんが悪化したのではないか?」と不安で、ネットでいろいろ自分で調べ、自分で病名を診断します。

これが、いわゆる杯中の蛇影はいちゅうのだえい

このようなマイナス的な思考を変えないと、病気を治すのは無理です。病は気からと言いますが、冗談話ではありません。特にがん患者には、ダイレクトな深刻なダメージがつきます。

癌はあなたが考えて治る病気ではありません。
考えても無駄です。

コメント